トップページ | 2005年6月 »

2005年5月31日 (火)

プルートゥ Pluto

「PLUTO」読みました。単行本1、2巻(普及版の方)まとめて。
おもしろいとは聞いていましたがやっぱり一気に読んでしまいました。アイディアのふくらませ方が素晴らしいですね。漫画をリ・アレンジするっていうのはあんまり思い出せませんが、やはり作者の力あってのものでしょうね。原作の絵を似せるのは手塚治虫の画力の素晴らしさを思い出させるだけですし(原作の「史上最大のロボット」も昔読んだはずですけど全然思い出せなくてつい鉄腕アトムの単行本も買ってしまいました。この頃の手塚治虫のまるっこい線はとってもキュートだなぁ。品があって、媚びてなくて、大好き)、おんなじようにストーリーをなぞってしまうと先が読めてしまって面白みがなくなってしまいますからね(オリジナルを読んだ後でもこの先どう展開するのかわくわくしてます)。
おそらく浦沢先生はかなり昔からアイディアを温めていて、自分の表現力にある程度の自信がついて満を持してはじめたんじゃないでしょうか。これだけのものを描くには絵がうまいというより、漫画を書く総合的な力が必要なんでしょうね。それにしても浦沢先生は標準以上の作品をずいぶん長く発表し続けますね。”漫画家”というより”作家”という言葉が似合う人です。

夏目房之助さんの解説です。こちらもおもしろいです。 コミックパーク/夏目房之介エッセイ『マンガの発見』連載第60回 コミックパーク/夏目房之介エッセイ『マンガの発見』連載第61回

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年5月30日 (月)

タイガー&ドラゴン Tiger & Dragon

ドラゴン、ドラゴン、清少納言(せぃしょなご〜ん)。いやー、好きなもんでつい書いてしまいました、タイガー&ドラゴン。
クレイジー・ケン・バンドの主題歌からタイトルコール(次は誰か楽しみ)、そして本編への流れはすごくいいんですけど、エンディングのV6の曲で腰が折れて、ハニカミの予告で完全にずっこけてしまいますね。私だけかもしれませんが、余韻に浸れないというか、何というか、もうやめてほしい...

クレイジー・ケン・バンドはピチカートの「サエラ」でしか聴いたことがありませんでした。なんか気になるんですけど怖くて手が出せないというか...初めて買いましたが今からしっかり聴こうと思います。好きになれるでしょうか。tigerdragon

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート Groove is in the Heart

昨日テイ・トウワのFLASH TOUR(コンサートではなくてDJツアーです)に行ってきました。私が住んでいるような田舎に来てくれるとは意外。滅多にない機会なのでがんばって行ってきました。
某ホールで20時スタートでした。でもこういうDJのイベントとかクラブとかはほとんど行ったことがないので結構つらいものがありました。始まりも遅いし(仕事の関係で早寝早起きなので夜遅いとツライ)、当然オールスタンディング、まわりを見回すと若い人ばかりで完全に浮いていたなぁ。開演と一緒に入りましたが、延々と前座が続いて結局本人が登場したのが0時くらいでした(最初の前座のバンドは名前も判らないですけど結構面白かったな、変な編成だったし。トーキングヘッズをちょっと連想しました)。
テイ・トウワ登場で会場は大歓声+盛り上がりですごかったですね。私もつい年甲斐もなく変な踊りをしてしまいました。選曲はツアーのためか「わかりやすい」印象でした。そしてCDのイメージ通り非常に均整の取れたクリーンな感じがしましたね。マニアックではなかったのでクラブ初心者の私でも素直に楽しかったです(New Albumからの曲やDeee-Lite時代のGroove is in the Heartも後半プレイされてフロアはすごい状態でした)。Kid Creole and The Coconutsの曲がプレイされたのが個人的に嬉しかったな。
1時半くらいまで続いて、その後、田中知之(みたいなちょっと小太りな人)にバトンタッチしましたが、体力続かず退散しました。

Dee-LiteのCDを久しぶりに引っ張り出しました。やっぱりソロになってからの方がいいなぁ。「poin」さんのブログでテイさんの脱退の理由を知りましたけど(はじめてトラックバックというものを貼ってみました)、全米ツアーってやっぱり大変なんでしょうね。ツアー嫌いのアーチストって多いからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月28日 (土)

ララバイ・オブ・クラブランド Lullaby of Clubland

今日の夜はちょっとお出かけします。
DJのクラブイベントです。また書きます。バハハ〜ィ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

ランニング・ワイルド Running Wild

iPod shuffleはすっかり手放せない状態になっています。主に走るときです。
実は今年の冬にフルマラソンに挑戦してみたいという野望を持っておりまして、去年の10月からひと月に100km以上走ることを自分に課しています。ジムのトレッドミルと外のジョギングと併せてですが。
でもやっぱり単調で飽きちゃうんですよね、長く走っちゃうと。特にジムは風景が変わることもないので、ある意味がまん大会のようです。そんなときに好きな音楽聴けるというのはやっぱり良いですよね。
去年まではジョギング用のポシェットみたいのを腰に巻いてその中にiPod(2G)を入れて走ってたんですけど、ちょっと重い。たまに音飛びしてフリーズしてしまうこともあったりもします(そのiPodも最近昇天してしまいました。原因不明)。
今年の初めにiPod shuffle発表されて、数日間迷った末に(同居人に、なんで何台もiPodが必要なの、と問いつめられそうで。ま、確かにそうなんですけど)、やっぱりApple Storeからスポーツケースと一緒に購入しました。
で、使ってみるとやっぱり軽いんですよね、iPod shuffle。ランニングパンツの小さいポケットに入れて走るとほとんど気にならないし、音飛びもなし。ただ汗をかくと耳のなかでイヤフォンがこすれてちょっとかゆいのが難点でしょう。軽くて運動に適したイヤフォンはないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

パーティマン Partyman

あーっ、今日は職場の飲み会だなぁ。気が重いなぁ。あんまり楽しめたことがないし。
そういう場になると生き生きしている人がいるけど、うらやましい限り。私も調子よくしゃべってみたいなぁ。自分も人もハッピーになるような酔っぱらいになるのが長年の私の夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

権利主張 Know your rights

「iPodに課金」という記事がネット上で話題になりましたが、もうなんか嫌になりますね。CCCDという名前の実際はコピーできるCDもどき(おまけにCDプレイヤーを壊してしまう。うちのラジカセはすんなり音が鳴らなくなりました)で嫌がらせをするし、CDRには課金するし(全然知らなかったっすよ)、iTunes Music Storeもなかなか始まらないし。それでも飽きたらずiPodとかハードディスクにまで課金しようというのはどうなんでしょうか。
つまり”最近うちのシマから実入りが少ねーんじゃねーか。もっとショバ代取れやぁ”ということでしょう。シマからお金が上がってこないのは、そこが住みにくくなって人がいなくなってることに気づいていないんですよね。

私の若い頃、高校、大学くらいの時ですけど、お金はないけど音楽聴きたいですから、そうなるとやっぱり友達から借りたり、貸しレコード屋からLP借りて、カセットテープ(懐かしい!)に録音して聴きますよね。友達があんまり薦めるんでしょうがなく聴いてみるとすごく良かったり、雑誌でほめられているんでお金出して貸しレコード屋から借りてみると”????”だったり(アバンギャルドなものを聴きたい時期がありました)、そんなこんなで結構いろいろ聴いたんですよね。いわゆる80年代ですね。その時好きになったアーチストは今でも新譜出たらやっぱ買うし、紙ジャケ再発されたら(LP持ってても)やっぱ買っちゃうもんね(今月のミュージックマガジンのベルセバの評論で、自分は80年代から逃れられない、って書いてありましたけどよくわかるなぁ)。若い頃は「いつか、ひと月に一万円分くらいレコード買えるようになりたいなぁ、借りるんじゃなくて」というのが夢でした。
話し長くなりましたけど何を言いたいのかというと、若い頃たくさん音楽聴いて音楽ファンになった人間はずーっと音楽ファンだし、そういう人間は大人になったらやっぱり自分で金出してCD買うということなんですよね。だって欲しかったんですもん。今の安易なコンピレーションブームは「今はヒーリングが流行らしいからとりあえずこれ聴いときゃオッケーだな」という別に音楽ファンでもないオヤジやオバサンが対象だからそりゃぁ長続きしないでしょ。

iPodが出現して音楽の聴き方はやっぱりはっきり変わったと思う。持っているだけでほとんど聴かなかった昔のCDを聴くようになったし、そうなると新しい発見もある。iTunes Music Storeがオープンしたら、LPでしか持っていないモノをダウンロードしたい(LPプレーヤーが壊れちゃって今聴けないもんで)。気になる新人の曲も何曲かダウンロードして聴いてみたいなぁ。iTunes Music Storeも始まっていないのに、今後podcastingなんかが流行ってきたら権利問題はどうなるんでしょうかね。

”音楽なんかはな、金のあるやつだけ聴きゃあいいんだ。金のない奴は指くわえて見てろ”というおタカーイ姿勢が見え隠れするような気がしますが考えすぎでしょうか。今のまんまだったら若い連中は音楽聴かなくなるし、テレビで流れてくるような矯正された差し障りのない音楽ばっかりになって、志のある新人やベテランの居場所はなくなっていくでしょうね。悲観的すぎるでしょうか。

参考文献です。
ITmedia ライフスタイル:私的録音・録画補償金制度では誰も幸せになれない (1/2)
iPod情報局: 飽くなき情熱!スコットランドの“ポッドキャスター”に学ぶ【前編】
iPod情報局: 続報!次期iTunesのPodcastへの対応

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

サムバディ・ラヴド・ミー Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me

モリッシーのライヴ。
The Smith解散後は、あんまり熱心にフォローしていなかったんですが(なんかマジックが解けたというか、あれほどThe Smithは愛聴していたのに、モリッシーがソロになってからはなんとなく身が入りませんでした)、前作の”You Are the Quarry”がなかなか良い出来でしたのでライヴにも手を伸ばしてみました。

”Rank”ほど強烈ではないにしろ、ライヴで(あの声で)歌い上げるのを聴くとやっぱり「じーん」と...
その中でもThe Smithの曲は私にとっては特別ですね。ライヴの最後の曲が”サムバディ・ラヴド・ミー”とは。この曲は大好きな曲でしたが(特に歌詞は大好きで、モリッシーが私のために書いてくれたんではないかと思うほどでした、当時)この曲の入っている”Strangeways Here We Come”発表後すぐ解散してしまったのでこの曲をまさかライヴで聴けるとは思っても見ませんでした。ライヴのDVDも出ているようですが買わざるを得ないでしょう。これは。

The Smithが解散してからはや20年近く?経つと思うのですが、若かりし頃、LPの歌詞カードを読みながら浸っていた曲の思い入れはやはり強いですね。ホント、The Smithに関しては歌詞カードをよく読みました。 他のバンドはほとんど読んだことないのになぁ。
ミュージックマガジンの今月号がNew OrderとJoy Division、来月号がThe Smithとモリッシーですか。 今80年代?うれしいけど。

strangeways-here-we-come

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

twilight

昨日タワレコで電気グルーヴ×スチャダラパーの”twilight”とミュージックマガジンを買いました。
スチャダラパーの前作”the 9th sense”は久々の作でグッとくる出来でしたが
電気グルーヴとの新作は(まだあんまり聞きこんでないですけど)どうでしょうね。
なんか電気グルーヴのオケにスチャダラパーのうた(ラップ?)が
単に乗っかってるだけのようにも聞こえましたが...
あんまり相乗効果、という感じはしませんでした。
ボーズとアニの声が聴けるだけでも「よし」でしょうか。

ミュージックマガジンはニュー・オーダーとジョイ・ディヴィジョンの特集!
嬉しいな。
このあたりはまたゆっくり書きます。twilight

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年5月22日 (日)

使いすてハート disposable love

私、80年代に高校〜大学生活を送ったもんですから、いわゆるnew wave、techno全盛でした。
どちらかというと洋楽派(Prince、Talking Heads、Elvis Costelloが私のビッグ3でした)だったので、
いわゆる日本物はあんまり聴いていなかったのですがYMOはどうしても耳に入ってきました。
YMOといえば"solid state survivor"なんでしょうが、私にとっては”増殖”以降なんです。
特に”technodelic”にはあまりの良さにびっくりした記憶があります。
当時の洋楽はエレポップやインダストリアルもはやっていてOMDやsoft cellみたいのからCabaret Voltaire、Throbbing Gristleまで聴いたりしましたけど”technodelic”は別格のように思えましたね。
去年(でしたっけ)のYMO紙ジャケ再発は思わず買ってしまいました。
私思うんですが、高橋幸宏は過小評価されていないでしょうか?過小評価というよりあんまり取り上げられないような気がするんですけどね。坂本龍一や細野晴臣もいいんですけど。

最近3枚続けて高橋幸宏のソロの再発を買ったんですけど、いいんですよねー。
すごくポップ、かついいメロ(泣きのメロ含む)。それにバランス感覚が絶妙なんだなぁ。
品もあるしね。
聴きやすいから、深みがないように思われるんでしょうか。
本人の押し出しが弱いからかなぁ(YMOのフロントマンなのに、
3人ならぶと妙にちんまりしてるし)。

もう一回”neuromantic”聴こう。

takahashi_yukihiro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

万事快調

今日からblogをはじめます。作り方を一緒に住んでいる人から教わりました。
最近買ったCDです。nine inch nailsの新譜です。以前から気にはなっていたんですけどなんとなく聞かずじまいでした。だって、なんか怖そうでしょ。でも初めて聴いたら(ハードではありますが)割と聞きやすく、すんなり入ることができました。ミュージックマガジン誌では”軟弱になった”風に書いてありましたが、私にはちょうどいい感じだなぁ。勇気を出して”downward spiral”買ってみようかな。
他にBen Foldsの新譜やRufus Wainwrightの新譜も買いました。もうちょっと聴いて感想を書きます。DSCF0443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 »