« トレイン・イン・ヴェイン Train In Vain | トップページ | アナキン対オビ=ワン Anakin vs. Obi-Wan »

2005年7月 3日 (日)

新たなる希望〜エンド・クレジット A New Hope and End Credits

観ました、「Star Wars : Episode 3」。我慢できずに先行上映です。
結末(アナキンがダースベイダーになる)を知っていてその間を埋めるストーリーを観るというのもなんだか奇妙な経験でした。
「Star Wars」のロゴが飛び去って、あらすじの文字が流れていくお約束のところはもっと興奮するかと思いましたが、案外冷静でした。「これで終わりなんだなぁ」とちょっとしんみりしたのですが、その後はもういきなり宇宙空間の戦闘シーンで、あっという間に気持ちはStar Wars世界です。戦闘シーンはこれまでに観たことがない数の宇宙船や戦闘機が入り乱れて、いったいどこを観ていればいいのかわからなかったほどです。アナキンとオビ・ワンが敵の宇宙船内に潜入したあともアクションシーンの連続で、パルパティーンを救出するまではまったく息をつかせない導入部でした。
以前の作品の時は、ここのCGすごいなぁとか考える余裕があったように思いますが今回は全く頭に上りませんでした(前作の時は、ちょっとヨーダ動きすぎ、とか考える余裕があったのですが)。

それからは、アナキンがダークサイドへ堕落していく展開なのですが、”暗い”です。途中でいたたまれなくなりました。
しかしどこまでがパルパティーンの策略だったのでしょうか。メイスとパルパティーンの戦いそのものも結局はパルパティーンの策略だったのでしょうか。

ラストでのアナキンとオビ・ワンの対決シーンはしびれましたね。かっこいいです。アナキンの方が弟子ですから手の内を知っているとはいえ、セイバー使いではほんの少し上なんでしょうね(宇宙船の操縦ではアナキンの方が数段上のようですけど)。ダース・モールを倒したのもオビ・ワンでした。

今回も私の好きなR2-D2が活躍しました。いろいろな隠し機能にまたびっくりです。この暗いトーンの映画の中で彼が活躍するところが唯一ほっとするシーンでした。
しかし「R2-D2」はあんなに機能満載なのになぜ人間の言葉がしゃべれないのでしょう。マニアの間ではなにか理屈なり解釈が付いているのでしょうか。なんとなく納得がいかないです。

今回の作品では”こうしておけばよかったのに”というシーンがたくさんありました。
1)メイスがもうちょっとアナキンにやさしくしてあげていれば。
2)パルパティーンを捕らえに行ったときのメイス以外のジェダイ弱すぎ(パルパティーンがわざとメイスだけ生かしておいた?)、というかジェダイが全員集まってから捕らえに行けばよかったのに。
3)パルパティーンの言いなりになってどうしてドゥークーを殺しちゃうの(息子のルークはパルパティーンの言いなりにならなかったのに)
4)オビ・ワンがとどめをさしていれば。
5)あれだけの科学が発達していながらなぜパドメを救えなかったのか。

これ書き換えたら映画が成り立たないことはわかっているんですけど...結末を知っている話しの途中を観るというのはこういうものなのですね。

続編に面白いものはないとよく言いますが、新しい3部作は(批判も多いようですけど)全体としては満足いく出来と思います。私はそれぞれ大好きです。やはり作って正解ではないでしょうか。ファンでいてよかったです。
Episode 7、8、9を作って欲しいなぁ。

|

« トレイン・イン・ヴェイン Train In Vain | トップページ | アナキン対オビ=ワン Anakin vs. Obi-Wan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/4755763

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなる希望〜エンド・クレジット A New Hope and End Credits:

« トレイン・イン・ヴェイン Train In Vain | トップページ | アナキン対オビ=ワン Anakin vs. Obi-Wan »