« ヒューマン Human | トップページ | ユーズ・ザ・フォース Use The Force »

2005年7月13日 (水)

ワンス・イン・ア・ライフタイム Once In A Lifetime

トーキング・ヘッズのCDリマスターはなぜ出ないのでしょうか?
一昨年あたりからbox setの「Once In A Lifetime」や新規のベスト盤、「The Name Of This Band Is Talking Heads」は相次いで発売されているのに、肝心のオリジナルアルバムのリマスター盤がちっとも出ませんね。
でも去年の秋の「The Name Of This Band Is Talking Heads」の再発は嬉しかったなぁ。高校の時、「Remain In Light」にやられて(当時、これとKing Crimsonの「Disciprine」ばっかり聴いていた時期がありました)、貸しレコード屋さんから「The Name Of This Band Is Talking Heads」を借りて聴いたのですが、disc 2(大所帯のTalking Headsの時)はあまりの迫力の無さにがっかりした覚えがあります。disc 1は生々しくてとても良かったのですが。その後、このアルバムはCDで発売されることはなくてTalking Headsの歴史の中でも”無かった”ことになっていましたよね。今回新たに聴き直すと結構味わい深くて良いのですよ、これが。
disc 1はあまり加工していない(と思う)4ピースバンドとしてのTalking Headsのかっこよさを再認識しました(バーンの独特の声と、当たり前の編成なのに整ってゆがんだ音を出すバンドの妙!)。Televisionなんかと比べると優等生的でクリーンな印象がありますから、この辺が好き嫌いが分かれるところでしょうか。
昔あまり好きになれなかったdisc 2も今聴き直すとこれはこれなりに良いですね。「Stop Making Sense」の完成度は圧倒的でしたからそれと比べると、煮詰めていないというか、詰めが甘いというか、出来としてははっきり言ってそれほどではないのかもしれません(だからこれまでCDで出なかった?)。ですが、史上に残る名盤の「Remain In Light」をライヴで再現するための試行錯誤としてみれば面白いです。全体的にタイトでは無くて緊張感に乏しい感じがするのですが、ライヴとしてのアレンジが未成熟だったのでしょうね(Born Under Punchesなんか特にそう思いました)。別のバージョンとかデモして考えれば「聴けて良かった!」と思いました。

Rhinoからの「The Name Of This Band Is Talking Heads」の再発では未発表のトラックも追加されていましたのでこれは近いうちに再発ありそうだと踏んでいたのですが、音沙汰無しです。Box Setの「Once In A Lifetime」も日本盤が出るだろうと思ってまだ買っていないんですよね。これには以前ヴィデオで発売されていた「Story Telling Giant」がDVDで収まっているらしいので、是非日本語字幕盤で欲しいんです。
あぁ、早く発売して欲しい。できれば未発表トラックのディスクと2枚組で。

talking-heads

私の一番好きな「Little Creatures」のジャケットの裏です。

|

« ヒューマン Human | トップページ | ユーズ・ザ・フォース Use The Force »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/4955079

この記事へのトラックバック一覧です: ワンス・イン・ア・ライフタイム Once In A Lifetime:

» トーキング・ヘッズ『Talking Heads: 77』 [音楽四方山話]
Talking Heads: 77(試聴可) インテリロックの雄、トーキング・ヘッズのデビューアルバム。タイトルどおりリリースは'77。冷戦の中で赤一色にタイトルだけのシンプルなジャケットは刺激的。デヴィット・バーンのヘタウマヴォーカルが印象的だが、これは演奏がしっかりしているからこそ成り立っている。特にクリス・フランツのしっかりしたドラムスの貢献が大きい。後にアフリカンビートを取り入れたりした... [続きを読む]

受信: 2005年7月14日 (木) 08時40分

« ヒューマン Human | トップページ | ユーズ・ザ・フォース Use The Force »