« 真昼の人魚 | トップページ | 何かいいことないか 子猫ちゃん What's New Pussycat »

2005年9月20日 (火)

チョコレート・ソング The Chocolate Song

昨日「チャーリーとチョコレート工場」を観てきました。
あまり映画を観なくなって久しいのですが、監督がティム・バートンとなると話は別です。前作の「ビッグ・フィッシュ」、よかったですねー。寓話を交えた不思議な造りの映画でしたけど、なんかねじれていて "らしい" 感じがよく出ていました。そしてうるうるした映画でした。観終わったあとに不思議な後味が残るんですよね、ティム・バートンの映画というのは。

今回の「チャーリーとチョコレート工場」は童話が原作の映画らしいですが、予備知識無く観たのでとても楽しめました。次から次にとても想像できないような映像(造形というかデザインがとても素晴らしいのです。おおもとの絵コンテも見てみたいな)があらわれて、あっという間に終わってしまった印象です。編集のテンポもすごくいいですよ。映画を見ている間中にこにこ(にたにた?)していたかもしれません。一言で言うと「楽しい」映画です。

ティム・バートンにしては非常に素直な造りなのでちょっと余韻に乏しいかもしれません。「マーズ・アタック!」に少し似ているかなとも思いましたが、あれは毒がたっぷり仕込んでありましたからね。ただ、悪い子供には罰が与えられても最後にみんなで大団円!にはならないところがやはりこの人の味かな(原作通りなのかもしれませんが、この話をチョイスするところがやはりバートンです)。

ティム・バートンが "ディズニー映画" を作るとこうなります、という作品です。お勧めですよ。

choco
プログラム欲しかったのですが売り切れでした。かわりに原作本を買いました。



追記1:音楽も良かったです。ほとんどが何かのパロディのようでしたが、よくわからなかったなぁ。クイーンのブライアン・メイみたいなギターの曲がありましたけど。曲作りはバートンの盟友のダニー・エルフマンです。

追記2:ウンパ・ルンパ役のディープ・ロイはドリフの荒井注そっくり、そして怪演。ブルースクリーンの前でいろいろ演技したんだと思うのですが、仕上がりを見てびっくりしたんではないでしょうか。できあがりを説明されてもイメージ湧かないと思うなぁ。

|

« 真昼の人魚 | トップページ | 何かいいことないか 子猫ちゃん What's New Pussycat »

コメント

私も見てきました。とても面白くて良かった!映画の記事をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いします。

又、私のブログで新しい選手権開催中です。前回素晴らしいお答えいただきました。是非何かありましたらコメント下さい。

投稿: ぷくちゃん | 2005年9月20日 (火) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/6032750

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート・ソング The Chocolate Song:

» 異名選手権~間抜けな異名は誰だ! [eclipse的な独り言]
 SYUNJIさん、「デートって普通二人でするもんだろうが!集団でするなんて変態 [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 19時09分

» チャーリーとチョコレート工場 [eclipse的な独り言]
 とにかく妻は吹き出して笑っていた。私は夜の映画館にこんなに女性がいたことに驚 [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 19時10分

» チャーリーとチョコレート工場 [今日の献立ev.]
映画館で見た予告編で知った。 ウォレスとグルミットの新作が出るんですね!今度はウ [続きを読む]

受信: 2005年10月 4日 (火) 18時23分

« 真昼の人魚 | トップページ | 何かいいことないか 子猫ちゃん What's New Pussycat »