« ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア Here, There And Everywhere | トップページ | ザット・ジョーク・イズント・ファニー・エニモア That joke isn't funny anymore »

2005年9月 2日 (金)

EMI

昨日、ビートルズの楽曲がiTMSで発売されるのでは、という根も葉もないことを書いてしまいましたが、ついでにポール・マッカートニーの新譜をAmazonで検索してみたんです。そしたら、

”ご注意ください
この商品は「セキュアCD」です。”

という文字が。
あーっ、とうとうポールまで。と思ったらストーンズまでも。東芝EMIという会社は何を考えてるんでしょう。
”ご注意下さい”ってこれは殺虫剤ですか。もう思わず萎えてしまいました。こうなるとポールやストーンズそのものが「ロック」でない感じがしてしまうのは何故でしょう。

新たなCDコントロール技術「セキュアCD」を試す」でとりあえずの使用感が書いてありました。WindowsのiTunesは全く反応しないようですけど(つまりWindowsではiPodは使えないと言うことでしょう)、MacではiTunesであっさりリッピングできるそうです(ただしサポート外の行為らしいです)。Windowsユーザーの皆さん、これを機会にMacに乗り換えどうでしょう。これは関係なかったですね。

東芝EMIとしてはパッケージが欲しい人はこの「セキュアCD」を買って、iPodで使いたい人はiTMSからダウンロードして下さいということなんでしょうか。
パッケージを買った人はiPod使うことは許さないって、なんでそんなことまで決められないといけないの!

以前「ブリッジ・オーヴァー・トラブルド・ミュージック Bridge Over Troubled Music」にkikkaさんから以下のようなコメントいただきました。

「iTMSって、たぶんAAC音源なワケでしょ?
だとすると、結局iPodしか対応できないですからね。
東芝さんからしたら「Gigabeet」を売らなきゃイカンだろうし。.....」

確かにねぇ。iPodはだめだけど自社製品のギガビートはOKということか、はぁ〜。
Fair PlayをオープンにしないAppleも問題かもしれませんけど。

iPod loves good music」というキャンペーン張ったり、こんなジャケットの「PLAY-DIGITAL CM TUNES」とかいうコンピ盤出したり(恥ずかしくないのかな)、どういう会社なんだろう東芝EMIって。

|

« ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア Here, There And Everywhere | トップページ | ザット・ジョーク・イズント・ファニー・エニモア That joke isn't funny anymore »

コメント

まぁしょせんiTMSはiPodを売るためのものですから、ソニーや東芝はおもしろくないんでしょうね(^^;

こんな意見もありますね。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/02/news076.html

投稿: Kino | 2005年9月 3日 (土) 02時08分

Kinoさん、コメントありがとうございます。

Appleみたいな小さな会社がその独創性で音楽配信業界を牛耳ってしまったことは、確かにソニーや東芝にとっておもしろくないでしょうね。

しかし、レコード会社はどうしてこういう欠陥のあるシステム(Macではリッピング可能とか、WindowsのOSはXPのみとか)を導入するのでしょう。セキュアCDという媒体で10年後に音楽を聴くことができるのかはなはだ疑問です。

投稿: るき | 2005年9月 3日 (土) 07時53分

たしかにその場しのぎの印象はぬぐえませんね。
Appleが新しい音楽とのつきあい方を提案して支持されてるのに、レコード会社側は古い配布の仕方に、醜い形でこだわりすぎてる感じはします。
レコード会社は利益を得る人間と、悪用する人間に目がいって、音楽ファンの方はおろそかになってる気はします。

投稿: Kino | 2005年9月 4日 (日) 02時43分

STONES買おうかなぁ、と思ってレコード屋(この表現
もうしませんね・・・)行ったら、まさか今時のCCCD
廃止の流れの中でこんな物が出ているとは思いません
でした。CD屋さんにCDじゃないものが売っている。

ところで、今回のブログのタイトルは?と一瞬考えて
しまいました。Pistolsと気付くには時間はかから
なかったですけど。気付いたら笑ってました。

投稿: KIN | 2005年9月 7日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/5747533

この記事へのトラックバック一覧です: EMI:

» まったく東芝EMIは…… [洋楽生活]
こんなNewsがありました。 東芝EMIがパソコンでの使用を考慮した音楽CDを販売に え、え、ついにやめたの!?と思って見にいってみてガックリ。 と、いうか、東芝に踊らされた自分にガックリ。 詳しいことはCD Jouralの記事を読んでもらうこととして、省きますが。 この、“セキュアCD”とやら、要は“CCCD”というと最近イメージがよくないから、名前も新たにして、新バージョンのCCCDを出しちまえ! ってことじゃないですか。 簡単にいうと、ソニーのレーベルゲートの別バージョン、っ... [続きを読む]

受信: 2005年9月 3日 (土) 07時57分

« ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア Here, There And Everywhere | トップページ | ザット・ジョーク・イズント・ファニー・エニモア That joke isn't funny anymore »