« ザ・ウェディング The Wedding | トップページ | ザ・マン・フー・ラヴド・ビアー The Man Who Loved Beer »

2005年11月19日 (土)

オン・アンド・オン On & On

11月もいつのまにか後半です。あくびでもしている間に12月になってしまいそうです。
そろそろ今年購入したCDから好きになった作品を選んでみようかと思っています。

今日はMissy Elliotの「The Cookbook」
私、hip hop系は得意ではないのですが、この人は好きなんです。

me

残念ながらティンバランドがどうとかジェイZがどうとかの文脈で語ることができないのでhip hopファンの方からは鼻で笑われそうですけど(そのへんのこと、よく知らないのです)。
もうひとつ言い訳すると、輸入盤しか持っていないので歌詞に関しても全く分かりません。

でもとっても楽しいポップアルバムなんですよ、これが。
変な音(?)がたくさん入っていて...うーん表現しにくいな。オールドスクールの要素が多いって言うのは判るんですけどね。かつてのnew waveっぽい音のようなぺなぺなした感じ(?)。えーっと、80年代のプリンスのような音の使い方(チープな音源なんだけど切れ味鋭いとでもいうか)といったらちょっと言い過ぎかな。
それで曲そのものはかわいいのが多いんです。ここが私にとっては重要ポイントです。つい繰り返して聞いてしまうんだな、これが。
あと本人そのものもかわいいんですよ。昔はすごくお肉がついていてそれはファニーで好きだったんですけど、前々作くらいからダイエットしたらしくてなんかフツーになってしまいました。でもそれでもなんかキュート。同性から好かれるタイプではないかなぁ。
ジャネット・ジャクソンもころころ体型から急激ダイエットでしたけど(私はころころジャネットも好きなんだけどな)、向こうのショウビズに生きるヒトは根性が違いますね。

蛇足ですが、このアルバムの「On & On」という曲で「あっ、あっ、あーん。あっ、あっ、あーん。」という(ふうに聞こえる)ボーカルがはいるのですよ。これがゲイシャガールズ(ダウンタウンと教授とテイさんのコラボ)の「Kick&Loud」という曲で松ちゃんが「あはははは〜ん、あはははは〜ん、あははは、あははは、あはははは〜ん」と歌う(?)のとちょっと似ています。これ、うちで同居しているヒトの発見です。といっても誰も分からないかな。

ここ数年の彼女のアルバムの中でもベストの部類ではないでしょうか。hip hop系が苦手な人にもちょっとおすすめしたいですね。
タワレコなんかの量販店の2枚でディスカウントセールなどで、もう一枚どうしようかな、という時にどうでしょ。

|

« ザ・ウェディング The Wedding | トップページ | ザ・マン・フー・ラヴド・ビアー The Man Who Loved Beer »

コメント

駄目だ私、このタイトルでスティーブン・ビショップを思い出してしまいました。爺さんだな。俺って。

投稿: ぷくちゃん | 2005年11月20日 (日) 08時26分

なつかしいですね、スティーブン・ビショップ。AOR!私も年です。
「哀愁マンハッタン」というLPをそういえば持っていました。結構好きだったなぁ。

投稿: るき | 2005年11月20日 (日) 08時45分

こんばんは!
ミッシー・エリオットとは意外ですね! いや意外と言っては失礼かもしれないですが・・・ クルマではこーゆー系ばっか聴いてますよ R&Bですね。
マドンナの記事にコメントどもです! おススメです★

投稿: しょーた | 2005年11月23日 (水) 21時11分

コメントありがとうございます。
今度の週末にマドンナ、ゲットしたいと思います。

投稿: るき | 2005年11月24日 (木) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/7193464

この記事へのトラックバック一覧です: オン・アンド・オン On & On:

« ザ・ウェディング The Wedding | トップページ | ザ・マン・フー・ラヴド・ビアー The Man Who Loved Beer »