« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

スーパーソニックジェットボーイ

ザ・ハイロウズが活動停止したんですか?

彼らに特別思い入れがあるわけではないのですが、なんとなくさみしいですね。

彼らの1stは持っているのですが、久しぶりに「Flash〜The Best」を買ってみました。いいバンドだなぁ。シングル曲が多いせいか口当たりの良い曲が多くなっていますが、私はかっこいいと思うなぁ。良い曲も多いですよね。コアなファンには物足りないのかもしれないですが。

この人たち、不良のロック、というかバンドを組む意外に何もできなさそうな人達のように見えます(あくまでも私の感想ですよ)。

ほかにつぶしがきかないとでもいうか、ソロ活動さえ難しそう、特にボーカルのヒロトさんは。実際はどうか知らないですけどね。

 

でもそこが彼らの良さでしょうか。結構音楽的に奥行きありそうな佇まいも持っているけど、鳴らす音はロック。歌詞は正直。
The Clashにはなれなかったかもしれませんが、きっといつまでも愛されるだろうな。

ギターウルフとか少年ナイフとか、似たものを感じます。もしかしたら矢沢永吉もそうかなぁ。そんな連中ならではの表現というものがあるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

ストーリー・オブ・ビューティ The Story Of Beauty

金曜日、土曜日、日曜日と更新を休んでしまいました。昨年5月からブログをはじめて初めてです。かといって重大事件が起こったわけでもなく、なんとなくなんですが....

また何事もなかったかのように更新していきますね。

土曜日は映画を見に行きました。今回は「フライトプラン」。

映画はいわばサスペンスものでとてもハラハラさせる内容です。オープニングから緊張感が続いて一気にラストまで行きます。この手の作品は脚本と演出ですが、脚本はよくできているし、演出もツボをはずさず手堅いですね。

しかーし、何と言ってもこの映画の一番の見せ場は、ジョディ・フォスターの美しさを堪能できるところでしょう。彼女はいわゆる美しさで売る女優ではないし、グラマラスでもありません。でも内面からにじみ出る品の良さとでもいうか、もう素晴らしいです。

後半になるとなぜかTシャツ姿になるのですが(うちの同居のヒト曰く、「必然性がない」)、その時の二の腕のりりしさといったら!
贅肉などは当然のごとく存在せず、かといってマッチョでもなく、知性あふれる筋肉なんですよ。私が中野翠か石川三千花ならばここにマンガで描くところです。

hdr3

フライトプランで検索してみたら、「堀江貴文日記」に行き当たってしまいました。ここにはプレミア試写会での堀江さんの映像も。これが1月12日です。
うーん、人間、一寸先は闇ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年1月26日 (木)

クラップ・ユア・ハンズ! Clap Your Hands !

うーん、これは良いかもしれない。Clap Your Hands Say Yeah(以下CYHSY)。

新人には厳しく、ベテランに優しくがモットーのワタクシですが、この新人バンドは拾いものです。

kid dさんzumaさんのブログでの紹介とかなりだぶるのですが(私の書きたいところをばっちり抑えてあるのだ)、私なりの感想を。

まず何と言っても印象的なのはアルバムジャケットですね。妙な味わいがあります。
クレジットをみるとアーティストはDasha Shiskinというヒトでした。調べてみると
ロシア生まれであちこちの美術大学を転々としていて今はNYらしいです。きっと今売り出し中なんでしょう。
もし、CYHSYのディレクションでこのアーティストをチョイスしているのであれば、なかなかのセンスの持ち主といえるのではないでしょうか。

110_1001
(HPから拝借しました)

肝心の中身ですが、一聴した感じはArcade Fireみたいですね、ほのぼのした感じとか。
でもArcade Fireみたいにフォーキーではなくてちょっとだけニューウェイヴっぽいかな。私はどちらかというとこちらの方が好み。

ボーカルの感じがTalking HeadsのDavid Byrneに似ていると引き合いに出されることが多いようですけど、私はどちらかというとzumaさんと同じくThe CureのRobert Smithを思い出しましたね。こんな情けないヴォーカルは80年代前半にはたくさんいたんじゃなかったかなぁ。どちらにしても”ニューウェイヴ声”として認定しましょう。
私が思うにTalking Headsに似ているのはどことなく漂う”かわいい”感じではないでしょうか(でも音はクール)。一生懸命やっているのになんとなく滑稽とでもいうか。

変なバンド名+アルバムジャケットのセンス+クールでかわいい音
是非このまま精進して下さい。


cyhsy

アルバムジャケットとおまけのステッカーです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

ハッピー・トーク Happy Talk

今日は職場の飲み会です。気が進まないなぁ。何度も書いてますけど、どうもああいう席は苦手なんです。これだけはいくつになっても変わらないです。

お酒自体が飲めないということはないのですが、うまくしゃべれないのでなんとなくぽつーんとなってしまいます。

何とか一次会で抜け出したいです。でもこの年でも一応新人だからなぁ。むずかしいかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

スパイラル Spiral

「音楽配信メモ」さんのブログXTCの新曲が無料ダウンロードされているのを知りました。さっそくダウンロード!

曲は「Spiral」
うーん、XTC印ですなぁ。ミドルテンポでポップです。この感じはきっとアンディ・パートリッジの曲だな。気に入った!
この曲はもともと「Apple Box」という「Apple Venus 」「Wasp Star」という一連のシリーズのボックスについたおまけの新曲らしいです。
でもこの曲をニューアルバムの中で聴きたいなぁ。なんといってもXTCはアルバム単位ですから。この曲がアルバムに組み込まれるとまた印象が違うんだろうなぁ。ニューアルバムはまだ出ないんでしょうか?

「音楽配信メモ」さんのアドレスはhttp://xtc.bz/index.phpなんですね。筋金入り!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

ヒート・ゴーズ・オン (ボーン・アンダー・パンチズ) Born Under Punches (The Heat Goes On)

昨日はブログの更新でつまずいてしまいました。
今日はしきり直しです。

昨日書きたかったのは、金曜土曜と引っ張ってきたTalking Heads「Remain In Light」のリマスター盤についてなんですよ。

remain-in-light

このアルバムはTalking Headsの代表作というよりロックの名盤としてあげられることが多いですよね。
私がこのアルバムを聴いたのは高校生の時なんですが、友達の松尾君から「これ、すごいよ」と言われたのがきっかけです。それまで、Talking Headsなんて全然知らなかったんですけど、音楽雑誌を覗いてみると、たいがい誉めてあるじゃないですか。それで少ないお小遣いの中から、これを買ってみたわけです。

はじめはピンと来なかったなぁ。それまで聴いていた音楽とあまりに違っていたんですよね。TOTOとかホール&オーツとか好きだったものですから。
でも、もったいないじゃないですか、そのまま嫌いになっちゃうのは。それで必死に何回も聴きました。
あと、進んだロックファンは”こういうもの”を聴くもんだ、とも思ってもいたかな(やっぱ当時はNew Waveの全盛期ですから、背伸びしてました)。

不思議なことに、だんだん良くなってくるんです。当時持っていた安いヘッドフォンでがんがん鳴らしていると、単調なグルーヴが頭と体を直接刺激するというか、情緒的な感覚が入る余地が無くなってしまって、「音楽に身をゆだねる」という状態になってしまうんですね(PILの「Flowers Of Romance」やKing Crimson「Discipline」も似た感覚だったな)。

それからTalking Headsに夢中になってしまって、アルバム全部揃えてしまいました。ただひとつ、今でも残念なのは、ラウシェンバーグがパッケージデザインした「Speaking In Tongues」を買わなかったことです。通常盤よりちょっと高かったんです。

今回のリマスターから話がそれてしまいました。
前も書きましたが、Dual Disk盤の「Dual Disk Brick」というボックスセットをCDとDVDを2枚組にしてばら売りする、というのが今回の”売り”です。
単身赴任状態でオーディオに関してはどのくらい凄いかというのはもうお手上げなんですが(iPodとPowerBookしかないんです)、それで聴いても音の厚みは違うみたいです。
よくリマスター盤は音の分離が良すぎてアナログ盤で聴いた時の感覚とかなり違うことがありますが、これはアナログ盤をグレードアップした感じがします(オーディオマニアの皆さん、ごめんなさい。あくまでも個人的な感想ですよー)。Jerry HarrisonとE.T. Thorngren(びっくり。久しぶり名前見た)、良い仕事してます。

あとお楽しみはテレビライヴの映像が2曲納められていること。動くエイドリアン・ブリューを始めてみました(あの赤いジャージみたいなズボンはなんでしょう。かっこいいのか?)。

今回は「Remain In Light」を手に入れたんですが、他のも少しずつ揃えよーっと。嬉しすぎるよー。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年1月22日 (日)

オー・シット Oh Shit

うきーっ、今、ブログ更新したのにエラーで消えちまったデスヨ。
もう今日はやめ。あーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ダブル・グルーヴ Double Groove

昨日はたいそうなことを書いてしまいましたが、手に入れたCDというのは

Talking Heads「Remain In Light」

のリマスターです。
なんでそんなに興奮しているかというと、昨年Talking Headsの「Dual Disk Brick」というかっちょいいbox setが発売されたのですが、DualDiskという特殊な規格なため買っても聴けない、という状況だったのです。それがやっと(ばら売りですが)CDとDVDの2枚組という形で発売されたからなんですね。

今回見つけたのは「Remain In Light」のみなんですが、おそらくすべてのタイトルが発表されるでしょう。

まだ一回しか聴いていないので、感想は後日書きますが、やっぱり凄いみたい。
うーっ、うれしいよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

シーン・アンド・ノット・シーン Seen And Not Seen

今日は7時に仕事が終わったので、電車に乗ってCDを買いに出かけました。

今住んでいるところは九州第一の都市から電車で4駅くらいの所なのですが、これまでは仕事に追われて余裕がなかったせいか、出て行こうなんていうキモチがまったく起こらなかったんです。

とりあえず量販店をはしごして、CD7枚買いました。いわゆるオトナ買い、つーやつですわ。ははは。でも実はたまったポイントカードを2枚持っていたっていうのが真相。

結構良いの仕入れましたぜ、だんな。
待ちに待ったアルバムが、つ・い・に、手に入ったんですよ。
始め、あたしゃ、目を疑いましたよ。全然期待してなかったもんですからね。
あまりに信じられなかったもんで、思わず店員を引き留めて「これは、本当にアレなんだろうね」と問いつめてしまったぐらいでさぁ。
えっ、そのアルバムは何かって?
それはね.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

フォーン・コール Phone Call

フィオナ・アップルの新譜(といっても昨年発売ですが)は良いですね。とても気に入りました。また、詳しくは後日書きます。

といっておいて、今日も雑ネタです。

単身で仕事にやってきて、これまでとはがらりと生活が変わりましたが、そのほとんどは、つらいことばかりです。部屋が寒くてしょうがないとか、テレビ無いとかいろいろですね。またそのうちにその他のもろもろのつらいことも書いていきますけど。

ただひとつだけ新鮮な発見もあったんですよね。
パートナーのヒトとこれまでになく話をするようになったということです。それも電話で。
一緒に住んでいた時ももちろん話はしてましたが、事務的なこととか、テレビを眺めながらその内容を話したりとかが多かったようです、今考えると。

最近は毎日こちらから電話するんです。でも話す内容は
「仕事でひどいんだよ!」とか
「今日は近くのラーメン屋さんでごはん食べた」とか
「今こたつに入って眠っちゃいそう」とか
それはもうたわいのないことです。

こんなに内容のない話をしていたのは、よく考えると、ケツコンという儀式をあげる前のことだったんですよ。

当時は1時間くらい電話で話すことは日常茶飯事だったなぁ。しまいには耳が痛くなったりしてね。メールなんていうものもなかったですしね。

たわいのない電話をするといっても、今さら1時間も話すなんてことはなくて、まぁ10分くらいのものですが、なんだか妙に懐かしい感覚なんです。

たまにはなんかいいもんです。電話で話すって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

ストリクト・タイム Strict Time

そんな、いきなり明日レポート発表しろ、だなんて!

あせりまくりですよ。もう開き直るしかないか....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

恋のテレビジョン・エイジ T.V.A.G.

今日はニュースのてんこもりの日ですか。

ライブドア騒動からはじまって、耐震偽造問題での小嶋社長の証人喚問であららと思ったら宮崎勤被告も死刑確定なんですね。

であるというのに今の単身赴任の住まいにはテレビが無いのです。あーんショック。テレビ見たいよー。

一緒に住んでいる人から「テレビ買ったら」とは言われたのですが、「どーせ仕事終わったらごはん食べて寝るだけなんだから」と答えてしまったのですね。

ネットには繋がってますからね(ナローバンドですけど)、情報は逐一入ってくるんですよ。でもねぇ、やっぱ重大事件の時はテレビですよ。ピンと来ないですよ、実際。

ホリエモンの困った顔とか、小嶋社長の悪人顔はやっぱ映像じゃなきゃねぇ。

テレビなんてくだらない番組ばっかりやってしょうがないなーとか少し思ってましたけど、偉大なんですよ、無くなってみると。

夜、仕事から帰ってから寝るまでの間はインターネットばっかりなんですが、なんかさみしいんですよね。「くだらねー」とか言ってだらだらテレビ見たいです。しょうもないCMなんかもぼけーっと見たいなぁ。

いつかテレビ見なくても平気になるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

キャンド・ヒート Canned Heat

オイルヒーターって素敵。

単身赴任で現在一人暮らしですが、暖房に悩んでいたんですよ。こちらにやって来た時はこたつしか持ってこなかったんです。というのも、大学生の時、4畳半に住んでいたのですが、その時(もう20年以上前....)はこたつしか持っていなかったのに、寒くて困った覚えがないのです。

それでこたつで充分だろうと考えていたんですが、これが甘かった。部屋全体が底冷えがして寒いんですよ。もう首までこたつ。耳が寒いもんだから毛糸の帽子を部屋でかぶらないとやってらんない状態ですよ。

翌日、3千円くらいのちゃちい電気ストーブを買ったんですが、だめなんです、これが。ストーブの正面は直接あたって暖かいんですけど、部屋が全然暖まんない。それで結局首までこたつ状態は変わらず、です。

平日は仕事なので、どうもできずにその状態で週末までがまん。それでやっとこさ自宅からオイルヒーターを持ってきたのですが、これが何とも言えずいいんです。

すぐには部屋は暖まらないんですが、そのうち、じわーっと暖かくなってきます。灯油系の暖房器具みたいに変なニオイしないし、エアコンみたいに部屋は乾燥しないし、カラダにもやさしいみたい。ちょっとした洗濯物も乾かせるし、寝る時もつけっぱなしでも心配ないし。

もうなんか良いことずくめなんですわ、オイルヒーター。今年の冬は何とかこれでやり過ごせそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

キング・オブ・コメディ King Of Comedy

先週のハリポタに続いて、今日は「有頂天ホテル」を観てきました。2週続けて映画観るなんて久しぶりです。
いやいや、面白い映画ですよ。息つく暇がないくらい面白くて、疲れてしまうというのが欠点といえば欠点かな。
もうてんこ盛りなんですよ、伏線の。ただ最後に近づいていくとパズルのピースが少しずつ埋まっていくんですね。そこがなかなかに快感です。
また役者陣も豪華なんですが、芝居をさせるさせる、長回しで。舞台用に作った脚本であるかのようです。また、カットでつないでいく演出ではないので、役者同士の演技の火花が散ってますよ。スリリングです。

ただこの映画、一回観るだけじゃだめかも。おそらく細かいところにもっと面白い仕掛けがありそうです。

でも映画って高いね。割引無かったので一人1800円、二人で3600円ですよ。プログラムは買わずに我慢しました。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年1月14日 (土)

ヘアー Hair

今日、髪を切りました。
今までは美容室に行っていたのですが、今日はじめて1000円、10分カットのお店に行ってみたのです(時間もないし、引っ越して間がないのでどこに行って良いかわからなかったんですよね)。

お店の中ではおじさん、30代くらいの女の人、子供2人くらいがすでにカットに入っていました。おじさんや子供ばっかりかな、と思っていたので女の人がいたのはちょっと意外でした。
ぼーっと突っ立っていると、店員さんから「そこで1000円入れてカード買ってください」と言われたので、その方向を見ると、ちっちゃな販売機が置いてありました。あわててカードを買うと、今度は「1番の席で待っていてください」と言われて、ちんまり待っていました。立ち食いうどんの食券みたいなものでしょうか。

5分もしないうちに前の人が終わって、今度はどうも自分の番です。カードを渡して席に座るとおじさんが「どんな風に切りますか」と聞いてくるので「1か月分くらいお願いします」というとささーっと切り始めます。シャンプーなんぞはありません。
ざくざく切りますよ、私の髪を。美容室みたいにミリ単位で切っていきますヨ、という感じは当然ありませんが、基本はおさえているので特に仕上がりに大きな不満もありませんでした(まぁ、もともとざーっとした髪型なもので)。最後には掃除機みたいのを私の頭に押し当てて髪の毛を吸い取っていきました。
切る量が少なかったからかもしれませんが、10分もかからなかった感じです。看板に偽りはなさそうです。時間がないときにちょっと行くのは良いかもしれませんが、毎回これではちょっと気分が滅入りそうですね。雨が降る中をとぼとぼと歩いて帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月13日 (金)

テイク・ミー・ホーム Take Me Home

やーっと、今日の仕事終わり!
家に帰ろうっと。今日中に着くかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

ウィンドウ Window

Intel Macの発表と同時にiTunesも6.02にアップデートされましたよね。
さっそくダウンロードして立ち上げてみると、妙な小さい窓が表示されるようになりました。

iTunes

しばらくすると、iTMSのトップページの縮小版が表示されました。

iTunes2

ライブラリに登録している曲を再生してみると(例えばBowie)、iTMSに登録されている楽曲を表示してくれるのです。
iTunes3

これがiTMSに登録されていないアーティストだと(例えばビートルズ)、なんだかよくわからないヒトを表示してしまいます。
iTunes4

この新機能、どうですか。私にはちょっと煩わしいかな。たまに使うのは良いかもしれないですけどね。でもAppleは商売上手になりましたね。
そういうわけでこの機能(MiniStoreというらしいです)、offにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

FUN × 4

いやぁ、発表されましたね、インテル・マック。iMacとMacBook Pro。
90年代はAppleの発表は遅れるものと相場が決まっていましたが、早くなったものですよね。

中身に関してはよくわからないのですが、きっと凄いんでしょう。とっても速いらしいし(MacBook ProはPowerBookより4倍速いってホントかな)。
でも素人ファンとしては見た目もがらっと変えてほしかったなぁ。iMacはともかくノートはね。PowerBookという名前は捨てたんだから、「なんつー、凄いかたちなんだ!」っていう具合にビックリさせてほしかったデス。そうしたら、物欲がふつふつと湧き上がってきたでしょう。

こういう時は、Solid Inspirationさんの感想を!と思ったら出張だって。ちょっと肩すかしでした(早く更新してー)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

ジョイ Joy

レイ・ハラカミって誰?
この前の休みにHMVへ行ったのですが、何となく目に止まった[ラスト]というアルバムを購入しました。レイ・ハラカミという名前は何かで読んだことがあったのですが、音を聞いたこともありませんでした。ですけど、ついアルバムを手に取り、そのままふらふらとレジへ持って行ってしまったんですね。はずれをひくことも多いのですけど今回は大当たりです。
DSCF1400
いわゆるエレクトロニカらしいです。ですけど、一聴したところでは”テクノ”という言葉が似合う音楽でした。
どこかで聴いたことがあるような音、でも新しい。
機械で作られた音、でも暖かい。

くるりや矢野顕子とも交流があるそうです(全然知らんかったなー)。年明け早々良い買い物をしたなぁ。しばらくはこればっかり聴きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

マジック Magic

ちょっとだけ昨日の続きです。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の感想ですね。私は前もって原作を読んでいるので、その上で、ということになります。

一言で言うと、よくまとめ上げたな、というものですね。原作は上下巻ありますから忠実に再現するというのはボリューム的に無理があります。マニアの方には不満もあるでしょうが、私はよくぞここまで(破綻ほぼ無く)まとめたなぁ、と素直に思いました。
今回は映画としての見せ場も多いので、前作に不満だった人にもオッケーでしょう(前作は 'つなぎ' っぽかったですしね)。今回いまいちだったら、次はないかも、と思って見に行ったので、ちょっと安心しました。

今のところシリーズのベストはこの作品か「秘密の部屋」になると思いますがどうでしょう。

あと音楽ファンとしてはパルプのジャーヴィス・コッカーの出演が気になるところですが、結局ワンカットのみ。本人かどうか確認もできませんでした。ちょっと残念。

明日からまた仕事。気が重いよー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 8日 (日)

サンディ Sunday

昨日、単身赴任先から自宅に戻りました。
まだ開けていない段ボール箱があったりと落ちつくような状況ではないのですが、手作りの料理をおしゃべりしながら食べられるというのはなんとも言えない幸せなんですよね。今さらながら気付きました。
今日はお昼から「ハリー・ポッター」を見に行きました。感想はまた後日。
今日はモブログからでしたー。じゃ、また!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

ウェルカム・イントゥ・ザ・ワールド Welcome Into The World

昨日は突然の職場の皆さんからの歓迎会でびっくりです。結構飲みました。あんまり飲めないんですけど。
その場では和やかで、みんなと急に仲良くなったみたいな気がしましたけど、仕事は厳しいんですよね。おそらく連休明けは何事もなかったかのように、きつくあたられるんだろうなぁ。

そのため昨日は久々に更新できませんでした。去年の6月以来かも。
今日は久しぶりに(とはいっても4日ぶりくらいですけど)家に帰ります。なんかもう1か月くらい時間が過ぎたような感じがします。疲れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

テ・アモ・コラゾン Te Amo Corazon

iTMSからプリンスの新曲「Te Amo Corazon」をダウンロードしました(1曲のみ。150円)。
prince
うーん、ラテン調。いままでありそうで無かった曲ですね。もちろんプリンスですから、クオリティは高いですよ。でも頻繁に聴くかというと微妙。

以前、「Symbol」(例のプリンスのシンボルマークのアルバム)で「Blue Lines」というレゲエの曲をやっていましたが、あれは全く似合いませんでしたね(あのアルバム以降、プリンス、ちょっと厳しくなった気がするんですが)。
今回の新譜はあの時ほどの違和感はないですが、何故これをシングルにしたのかちょっと不思議です。次のアルバムにはこの曲は納められるのでしょうか?少し不安がよぎってしまうぞ。


追記

検索してみたら、「3121」というアルバムが発売予定であるそうな。ユニバーサル・モータウンというところと契約したそうだけど、これって "あの" モータウン?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

ニュー・キャリア・イン・ニュータウン A New Carrier In A New Town

今日から新しい仕事はじまりました。
職種は同じなんですが、やり方、忙しさ、全く違っていて面食らってます。
初日にしてこの疲労感。はーっ、大丈夫か自分。
まだ、余裕がないため長文書けません。
今日はこのへんで!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

スターティング・オーヴァー (Just Like) Starting Over

やって来ました単身赴任。大学生の時以来の六畳一間生活です。同居の人とはこれまで離れて生活したことがなかったので(10年以上になるかな)、とてもさみしいです。これは予想以上にこたえてます。

今日からテレビ、ラジオ、冷蔵庫、洗濯機無しです。この上なく殺風景です。今も部屋はしーんとしています。今日の新撰組見たかったなぁ。
明日からはさっそく仕事(というか研修)です。3か月の予定ですけど、何とか乗り切らねば。
これまでと違って、戦場のような仕事場なので、ブログの更新を毎日するのは難しいかもしれません。でもできるだけ書いていきたいと思っています。

新生活の一曲目はJohn Lennonの「Starting Over」にしました。ちょっと元気出てきた。

今日は早めに寝ようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

ストリート・ライフ Street Life

鹿児島から昨年末に引っ越してきたのですが、鹿児島はいい街だったな。
何が良いかっていうと、ねこが多いんですよね。ねこに優しい街、鹿児島ですよ。
ねこ嫌いな人には申し訳ないんですが、甲突川あたりではえさをやっている人もちらほらなんです(いけないことかもしれませんが)。
家の近所をぶらぶらしていると、どこかでねこを見かけたもんです。


家の近くにいたおばあちゃんねこ。なかよくしてもらってました。

neco

去年の終わりに九州の真ん中の県に引っ越してきたのですが(明日は単身で九州で一番にぎやかな県に行かねばなりません)、いないんですよ、ねこが。家の近所だけかなぁ。単身で行くところにはいるでしょうか。ちょっとさみしい日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

アウト・カム・ザ・フリークス Out Come The Freaks

年が明けました。
昨日は実家でこたつ入って紅白歌合戦を見ました。実家では大晦日は紅白と決まっているので、チャンネルを変えることもなく、始めから終わりまで紅白を見ました。

いろいろ批判もあるんでしょうが、よくできてますよ、「紅白」。
”日本的”な演出はもちろん好き嫌いあるでしょうけど、あれだけの舞台装置、出演者(歌手の周囲で踊っている人達なども含めたらいったい何人が舞台に上がったんでしょう)を(おそらく)秒単位で演出するのは神業と言っていいのでは。
4時間以上の生放送(無謀ですよね、ある意味)であったことを考えると、NHKの技術力を総動員したといってもいいと思います。これほどのものは民放にはできないでしょうし、アメリカのグラミーやアカデミー賞より緻密だと思います。というかアメリカ人はこんなクレイジーなショウはやらないだろうなぁ。

紅白そのものはグラミーなどのように洗練されてはいないでしょうが、子供から老人まで誰でも楽しめるようにしなければならないとしたら、あの演出で及第点はあると私は思います。一番の問題はみのもんたさんの司会の泥臭さではないでしょうか。私はちょっと馴染めなかったです。

紅白は見ていなくてもなんとなく見てるイメージがありますよね。それで安易に批判してしまいますが、そういう人にこそちゃんと見て欲しいな。

大晦日にこれほど凝った(狂った?)ショウを普通に見ることができる日本はやはり変な国ではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »