« ブランド・ニュー・シーズン Brand New Season | トップページ | ゲット・ビジー Get Busy »

2006年2月25日 (土)

マインド Mind

最近ここで書いている音楽関係といえばトーキング・ヘッズとフィッシュマンズしかないのですが、今日もトーキング・ヘッズです。

「Fear Of Music」

fear-of-music2

「音楽コワイ」という訳でいいのかな、このアルバムタイトル。意味深ではあります。

前作の「More Songs ....」がニューウェイヴの文脈でかっちり作り込んだ作品だとすると、こちらはもっとラフに作った印象でしょうか(アレンジは緻密になってますが)。バラエティにとんだ曲が多くて、前作の隙の無さが好きな方には統一感が無いように感じられるかもしれません。
バーンさんのヴォーカルはよく「だみ声」と言われますけど、その原因はこのアルバムにあるのかもしれません。なんかわざと変な声を出したり、変な歌い方をしているように聞こえるんですよ。ヴォーカルだけじゃなくてアレンジもわざと変な風に変な風にしようとしているかのようです。
でもこのアルバムが一番好き、というヒトも多いかも。ビートルズでいうとホワイトアルバムですかね。

King Crimson Data Base
La T-Calf

で紹介されているように、このアルバムの目玉は「Life During Wartime」の没テイクです。フリップ大先生が参加してギターを弾きまくってます。

「ちょっと!やめや、やめや。ちょっとあんたギター弾きすぎやで」
「私のことかね」
「あんたの他にに誰がおるんかいな。イーノのおっちゃん、また変な人連れて来てるわ。いくらうちらが学生みたいやからって、こんな数学の先生みたいなヒト、どうすんの」
「君たちはまだギターという楽器の可能性を知らないのだ。この楽曲には絶え間なく続くノイズのトリートメントが不可欠であるのは自明の....」
「何訳のわからんこと言うとんの。うちらはな、ジャカジャカとギターを弾いてな、がーっと歌いたいだけなんや。もう判らんかなー」
そして、イーノが次に連れてくるのは体育教師のようなジャージを着たエイドリアン・ブリューであることをヘッズのメンバーはまだ知らないのだった...(続かない、たぶん)

fear-of-music1

|

« ブランド・ニュー・シーズン Brand New Season | トップページ | ゲット・ビジー Get Busy »

コメント

るきさんのブログ読み続けていたら何だか聞いてみたくなりました。まだ一音も聞いたことがないんです。トーキング・ヘッズを!

投稿: ぷくちゃん | 2006年2月26日 (日) 13時58分

トラックバック、ありがとうございます。
こちらからもトラックバックさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: KCDB | 2006年2月26日 (日) 22時48分

ぷくちゃんさん、こんにちは。
そう言っていただくととても嬉しいです。

もし最初に試すのでしたら「More Songs....」あたりかなとも思います。

投稿: るき | 2006年2月28日 (火) 00時01分

KCDBさん、こんにちは。
いつも読んでいます。
また遊びに行きますね。

投稿: るき | 2006年2月28日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/8822656

この記事へのトラックバック一覧です: マインド Mind:

» 162. Talking Heads の未発表テイク [King Crimson Data Blog 〜キング・クリムゾン・データ・ブログ〜]
King Crimson Data Blog の152 で紹介した、Talking Heads の Box のばら売りが始まった。 ということで、早速『 Fear Of Music 』 を購入、フリップが参加している ” Life During Wartime ” の別ヴァージョンを聴いてみた。 Talking Heads の演奏は、オリジナルとほぼ同じだが、17秒目位からいきなりフリップのギター・ソロが被さり、終わり近くまでひたすら続い�... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 22時43分

» Talking Heads / Remain In Light [楽しい音楽を聴く♪]
Rock-EG collection : ★★★★★ nbsp; Remain in Light nbsp; シングルトーンのインプロヴィセーション nbsp; トーキング・ヘッズ1980年の作品。 「まず曲ありき。」というのがこの作品のコンセプトなのだという。 事前に特に打ち合わせも何も..... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 02時37分

« ブランド・ニュー・シーズン Brand New Season | トップページ | ゲット・ビジー Get Busy »