« チェインジ・ユア・マインド Change Your Mind | トップページ | 真夜中のパーティー »

2006年3月16日 (木)

東京は夜の7時(The First Cut)

野本かりあ、「東京は夜の7時(The First Cut)」をiTMSからダウンロードです。
リミックスも発売されたようです。

karia

columbia readymade

iTMSのカスタマーレビューを見るとさんざんな書かれようです。簡単に書くと
「野宮真貴に遠くおよばない」
「オリジナルのイメージが強すぎて」
「歌が下手」
「物足りない」
など、ほとんどけなされてます。

まぁ、確かにどれも正解(かもしれません)。ただ小西さんの狙いは違うところにあるんじゃないかな、と思うんです。
きっと小西さんはピチカートマニアにアピールしたい訳じゃないと思うんです。彼女の曲をマニアに買ってもらいたいんじゃなくて、アイドル好きの男の子やかわいいもの好きな女の子に買ってもらいたいんじゃないかなぁ。
いつもは松浦あやを買ってるような普通の男の子。浜崎あゆみに憧れてるようなどこにでもいるような女の子。

これまでパッケージにこだわり続けてきた小西さんがダウンロードで手に入るようにしたのは、お手頃な値段で若い人達に試してもらいたかったからのような気がします。

野本かりあさんがテレビの歌番組に出たり、女性誌で取り上げられたりするのを望んでるんじゃないかな、小西さんは。
そして彼女が主役で「 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」みたいな映画でも撮ってみたいんじゃないでしょうか。

カスタマーレビューにはこんな感想もありました。
「カリスマ性を感じました。
あゆ や いとうゆな を聴いた時と同じ鳥肌感を味わった楽曲です。
聴いている最中、涙が止まりませんでした。
女の子じゃないと解らない歌かもしれません」
これが一番正しい反応かもしれません。

小西さん、今頃、レコード会社が宣伝費を出してくれないことに怒っているかもしれませんね。

|

« チェインジ・ユア・マインド Change Your Mind | トップページ | 真夜中のパーティー »

コメント

るきさん、こんにちは。

この曲って矢野顕子さんの楽曲と関係あるのでしょうか?とんちんかんな質問でごめんなさい。

投稿: ぷくちゃん | 2006年3月17日 (金) 20時14分

こんばんは☆
「東京は夜の七時」大好きです! もちろんピチカートのですよ! カバーされたんですか?
だったら 木村カエラに歌って欲しかったなぁ 私としては(笑)

投稿: しょーた | 2006年3月17日 (金) 20時38分

こんにちは、ぷくちゃんさん。

確かに矢野顕子さんのアルバムに「東京は夜の7時」ってありますね。ただ、この曲は別みたいです。
ピチカートというか小西さんの曲名は、過去の名曲や映画のタイトルから取っている同名異曲が多いんです。

投稿: るき | 2006年3月18日 (土) 10時48分

こんにちは、しょーたさん。

それは良いアイディアかも。小西さん、若くてかわいい子が好きだからなぁ。そのうち、アルバムに曲を提供するかもしれませんね。

投稿: るき | 2006年3月18日 (土) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/9123261

この記事へのトラックバック一覧です: 東京は夜の7時(The First Cut):

» columbia*readymade [My favorite things]
小西康陽さんが本家readymadeとは別にコロムビアで新しいレーベルを立ち上げるそうです。 その名もcolumbia*readymade・・・って、そのまんまじゃん。(笑) 公式サイトの野本かりあちゃんが激・可愛い!! カアリイのページ(ギャラリーやブログ)は1月からスタート...... [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 00時57分

» PARTY GIRL [しょーた イナセ★レーベル]
「今日の一曲」ってことでやってきた音楽ネタ。最近はほぼアルバム紹介になってきて [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 20時41分

» 野本かりあ:東京は夜の七時 [chihotdec.com blog]
うふふ。 野宮真貴に続け!の野本かりあちゃんが「東京の夜は七時」のカバーを出しました。 columbia*readymadeレーベル第一弾とのことですよ。 ををー!って感じです。 私の大、大、大好きな曲です。 東京で夜東京タワーを見るたびに私の頭の中でこの曲が流れ始め、ウキウキな気分になってしまいます。 この曲っていろいろなバージョンがあって、悲しかったりうれしかったりいろいろ。 歌詞やアレンジがその曲によっていろいろな顔を見せているんですよ。 かりあちゃんのバージョンは若さ... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 21時41分

« チェインジ・ユア・マインド Change Your Mind | トップページ | 真夜中のパーティー »