« サティスファイド Satisfied | トップページ | アイ・ウォント・トゥ・リラックス・プリーズ I Want To Relax, Please! »

2006年3月26日 (日)

ゲット・オン・ザ・ボート Get On The Boat

あんなことこんなこと書いてきましたが、プリンス「3121」です。

3121

一聴した感じは「クール」。
ファンクを基調とした曲が多いのですが、殿下はそれほど熱くなることなく割と淡々としていますね。シャウトする場面とか声を振り絞る場面がほとんどないからそう感じるのかもしれません。
アルバム最後の "Get On The Boat" はライヴを意識したとおぼしき作品です。「メイシオ!」とコールして、それに答えてメイシオ・パーカーがホーンを吹きまくるという、たまらない展開なんですが(パーカッションはシーラE!キャンディ・ダルファーもホーンセクションに入ってるんですよ!)その曲でさえやっぱりクールなんです。実際のライヴだともっとがんがん行くと思うんですけどね。

今回のアルバムは割とシンプルな作りです。音数はあまり多くないですし、曲と曲の間が連続したりすることはないし、妙なSEも入っていません。ホントはいっぱい音を入れたいのに無理してシンプルにした感じもあります。
大作!という感じやアルバムとしてのトータル感は薄いので「Musicology」や「Rainbow Children」が気に入っていた人にはちょっと物足りないかも。

ただ私としては、こちらの路線の方がしっくり来るかな。
殿下って時間がたっぷりあると作品を作り込んでしまう傾向がないですか?
音数が多くなったり、ドラマティックなアレンジにしてしまったり、曲数が妙に多くなったりして。

それはそれで悪くはないんですが、アルバム通して聴いてしまうとお腹いっぱいになってしまうんですよね。
その点、今回のアルバムは、私にはちょうど良いかも。曲数もこのくらいが良いなぁ。
殿下のシンプルなファンクが多いのも○。なんてことないと言えばなんてこと無いのかもしれないんですけど、クセになるんですよね。

あと足りないのは、「鬼気迫る」感じと「切羽詰まった」感じかな。最後にそれを感じたのは「Emancipation」でしたけど、なんかいろんなプレッシャーとかあった方が良い作品生まれるような....

作者が不幸である方が良い作品が生まれる、というのは幻想かもしれませんが、そんなつまんないことも考えてしまったニューアルバムではありました。

|

« サティスファイド Satisfied | トップページ | アイ・ウォント・トゥ・リラックス・プリーズ I Want To Relax, Please! »

コメント

TBありがとうございます。
3121いいですよね。
メイシオのノリもいいですし、Sheila、Candyなど懐かしい名前がうれしい。おっしゃるとおりこれくらいのリラックス度のほうが、わたしたち凡人にはちょうどいい(?)。

投稿: ezsin | 2006年3月26日 (日) 17時38分

なーんか、簡単にさらっとこんなん作っちゃった!
みたいなノリに(外向きは)見えますよね。

確かにもう少しスリリングでキリキリしてる感じが
あればもっと激しくはまり込めたのかもしれないなぁ。

投稿: KIN | 2006年3月27日 (月) 10時11分

TBありがとうございます。
私も今回のアルバム、おんなじような感想です。
すごくクールでさらっとしてて、「さりげない」感じですよね。
いいポップソングって、みんな「さりげない」ものですよね。
がんばって歌ってたり、スゴ過ぎる音って、聴いてて疲れるんですよ。
だから、今度のアルバムの曲って、すごく聴きやすくて、質が高いなあ、って思います。

投稿: pin | 2006年3月27日 (月) 22時25分

ezsinさん、こんにちは。
確かに今度のアルバムは大げさではないですので、何回も手が伸びそうです。

kinさん、こんにちは。
さらっと作ってそうですね。逆に凝った風に見せないところに力を注いでそうな気もします。

pinさん、こんにちは。
殿下のファンでいるとこのくらいはあっさり風味に聞こえますね。一般の人達には結構濃いかもしれませんけど。

投稿: るき | 2006年3月27日 (月) 22時37分

初めましてー
楽しい音楽を聴く♪サイトさんTBから来ました。
http://shimacos.jugem.jp/?day=20060323
プリンスかっこいいですねー、10曲目のあの感じいけてますよねー
というわけで、バーチャル喫茶シマコスにも遊びに来て下さい。
シマコスな音楽→ http://www.g-tools.net/10/15797/17433/index.html

投稿: シマコス店主 | 2006年3月28日 (火) 06時51分

はじめまして!
pinさんのプリンスBLOGのコメント欄から、名前が似てるのと、プリンス好きってとこがうれしくて遊びにきました!
このアルバム、さらっとしてるけど、プリンスらしい聴けば聴くほど味がでるってカンジで大好きです!
たしかにシアワセ感漂ってますよね。

また遊びにきますね。リンクもいただきます~♪

投稿: るん♪ | 2006年3月29日 (水) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/9247100

この記事へのトラックバック一覧です: ゲット・オン・ザ・ボート Get On The Boat:

» 3121 [Saga of a Married Man]
●3121(2006年発表) 1. 3121 2. Lolita 3. Te Amo Corazon 4. Black Sweat 5. Incense and Candles 6. Love 7. Satisfied 8. Fury 9. The Word 10. Beautiful, Loved & Blessed 11. The Dance 12. Get On The Boat (●輸入盤『3121』 ) 2006年発表。 ... [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 12時00分

» Prince - 3121 [一日一枚 Disk-a-Day]
いままで何やってたんでしょう、この人。というくらい、とんでもないアルバムを「軽く」出してしまいました。長くファンをやっている人にしてみれば、今までの「寄り道」は何だったのと愚痴の一つも言いたくなってしまう。それくらい待望のPrinceらしいハイパー・ファンク・ロック。この人がその気になれば、ファンクは床が抜けるほど熱く、バラードは腰が抜けるほど甘く、全てがバシッと決まる。いやあ、こういう痛快さは、やはりこの人しか出せないのだと、改めて納得。 これは筆者の勝手な思い込みですが、Princeはコン... [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 17時38分

» でんか~Prince「3121」 [今日の献立ev.]
Prince 「3121」殿下の新しいアルバムが出てました。早速視聴。早速購入。 [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 10時06分

« サティスファイド Satisfied | トップページ | アイ・ウォント・トゥ・リラックス・プリーズ I Want To Relax, Please! »