« ザ・ヤー・ヤー・ヤー・ソング The Yeah Yeah Yeah Song | トップページ | 泣いても無駄 No Use In Crying »

2006年5月 1日 (月)

円軌道の幅 Width Of A Circle

NHKのBS2でBowieの「Ziggy Stardust The Motion Picture」をやっていたので思わず見てしまいました。

Dscf1560

いやぁ、懐かしい。
これ、はじめて見たのはフィルムコンサートでしたよ。大学1年くらいだったかなぁ。当時は「Let's Dance」の少し後くらいでBowieが一番盛り上がっていた頃ですよ、確か。

そのころはとにかくBowie大好きだったなぁ(今も好きですけどね)。この映画は「幻の作品ついに公開!」みたいなノリだったので、勇んで出かけていった覚えがあります。

正直、みてがっかりでした。まず映像が汚い。音が悪い。
Bowieは映像の人、みたいなイメージだったので、「なんじゃ、こりゃ」という感じでしたよ。
そのあと何年かしてヴィデオも発売されましたけど、これは買わなかったですね。当時の悪い印象がありましたから。

でもLPの2枚組は愛聴しました。「円軌道の幅」なんかはこちらの方が圧倒的に好き。あの映像だったら音だけの方がまし、と思ってました。

今日、ぼーっと見ていましたけど、結構良いじゃないですか。やっぱり映像はpoorですけど、それを補うようなバンドの勢いというか、若さというか、素直にかっちょよかった。ミック・ロンソンってこんなによかったのかー、と今さらながら反省しました。

若き日のBowieの貴重な記録ですね。

|

« ザ・ヤー・ヤー・ヤー・ソング The Yeah Yeah Yeah Song | トップページ | 泣いても無駄 No Use In Crying »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/9851837

この記事へのトラックバック一覧です: 円軌道の幅 Width Of A Circle:

» TレックスがいるのにTVが必要か? [映画と文庫とMDと]
タイトルは今晩TV放映された『ジギー・スターダスト』の中の「すべての若き野郎ども」の歌詞字幕より。 いやぁ、久しぶりにデビッド・ボウイの言葉が脳髄に突き刺さりましたね。 『映画と文庫とMDと』というタイトルにも表れているとおりの欲張り、二兎を追う者は一兎も得ないというのにフィギュアやら演劇やら五兎も六兎も追いかけてしまっている私に、グサッと。 『スケアリー・モンスターズ』の1980年に出会った�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 11時02分

« ザ・ヤー・ヤー・ヤー・ソング The Yeah Yeah Yeah Song | トップページ | 泣いても無駄 No Use In Crying »