« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

ジザベル・スピリット The Jezebel Spirit

手に入れましたよ、Brian Eno + David Byrne 「My Life In The Bush Of Ghosts」

Dscf1596

このアルバムが再発されて大喜びするヒトはあまり多くないでしょうね。
アフリカン・ビートを導入して世間をあっと驚かせたのはTalking Heads「Remain In Light」でしたが、本来はこのアルバムが先に創られていて、発売順序が逆になってしまったのですね。

このアルバム、全編ワンコードで強力なビート満載。ただ普通のヴォーカルの代わりに民族音楽のレコードやラジオからの音声のコラージュ(サンプリングというよりこの方がしっくりする感じかな)で非常に刺激的でスリリングなんです(当時は何かとんでもないものを聴いたような気がしたものです)。
当時はデジタルなイメージを持っていたのですが、今聴くと割と肉感的なファンクですよね。

この中の1曲に「The Jezebel Spirit」というのがあります。ラジオ電話相談で説教師が女の人に対して悪魔払いをしているらしいのですけど、これがなぜかエロティックなんだな。若い頃はこの曲を聴いて妙なキモチになったものです。
「The Carrier」という曲は新たにトリートメントされていたり、未発表音源が入っていたりしてます。やはりボツテイクはちょっとクォリティが落ちるかな。

アヴァンギャルドかつポップを両立。これと似たロックアルバムは今でも他には見当たらないのではないかな。これ聴いちゃうと「Remain In Light」がスムースに思えてしまいそうですよ、ホント。

おまけのプロモーションヴィデオも1曲「Mea Culpa」。
シュールな映像で、これじゃ”プロモーション”にならないだろ、というような作品でした。ま、それっぽいけどね。

Dscf1604

ジャケットは今回作り替えられています。でもあまり違和感はないです。ちなみにこれがオリジナルLPです。これもかっこいいっす。

Dscf1601

あともちろん輸入盤なので(日本盤は期待できないかな、Talking Headsですら発売されませんからね)、ライナーノートは英語。読もう読もうと思いながらまだ放置中。
あぁ、早く読まねば。

これがライナーの表紙。オリジナルジャケットがちょこんと掲載されてます。

Dscf1598

うわぁー、EnoとDavid Byrneのツーショット。時代は変わるのだ。

Dscf1600

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月29日 (月)

あの鐘を鳴らすのはあなた

いろいろCDは買ってるんですけど、最近時間が取れなくて、書く方が追いつきません。

今日は、和田アキ子「リズム&ブルースの女王」を。

これはジャケ買いしました。CDショップで目立っていたし、ちょっとかっこいいデザインでしょ。クレジットを見たら小西康陽デザインでした。

Dscf1610

このアルバムはベストアルバムというより、コンピレーションになるのかな。かなり昔の曲(とはいえリマスターはされてます)から最近のm-floとの共演までコンパイルされてます。

「Boy & Girl」という曲、これがこのアルバムのベストトラックでしょう。録音は1968年というから相当古いです。この曲をリミックスしたりせずに、リマスタリングしてそのまま収録してあるだけなんですが、最高です、はっきり言って。
声が若い、というかみずみずしい。テクニックもなくただでかい声で歌ってるだけかもしれないのですが、聴かせますよー。アレンジもオーティス・レディング風とでもいうかファンキーです(「ファンキー」って楽しいってこと)。

ただ、その後はどうなんだろ。R&Bというより、歌謡曲っぽいんですよね。
歌い方もいやらしくなってます。
ピチカートファンにはおなじみの「悲しい歌」のカバーも入ってますが、どうでしょ、これ。
歌い上げるというか、「君がただキスしてくれたゆめぇ〜ぇえ〜ぇえ〜」みたいに演歌の”こぶし”みたいにしか聞こえないんだなぁ。
若い頃のように声が出ないから、テクニックでごまかしてるような印象がぬぐえません。
「あの鐘を鳴らすのはあなた」という有名曲。これは昔の録音(1993年)をリミックスしているようですけど、歌い方は今の「〜ぇえ〜ぇえ〜」みたいではなくて、さっぱりしていて、曲の良さを素直に感じさせるんですよ。最近テレビでこの曲を歌うところを見ましたけど、「〜ぇえ〜ぇえ〜」だったしなぁ。
これも「Boy & Girl」という素晴らしい曲が入っているためそう感じさせてしまうのかもしれません。

若いアーティストにリスペクトされて、共演するのは素晴らしいですが、決定的に相性の良い組み合わせにはまだ恵まれてないようです。ティナ・ターナーの時のHeaven 17みたいな巡り合わせがないもんでしょうかね。小西さんとの相性も今ひとつだし。

和田アキ子さんのプロデューサーとして私が良いかなと思うのは、

1. 近田春夫さん

2. シガスカオじゃなくてスガシカオ

なんかどうかなぁ。

Dscf1611

でも全体的には楽しいアルバムです、とってつけたようですけど。「SUNNY」(奥田民生のバージョンも良かったね)とか「DYNAMITE A GO GO」とかも結構かっこいいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

シューズ・ウィズアウト・ヒールズ Shoes Without Heels

Nike+iPod」かぁ、これいいかも。

私、走る時はいつもshuffleなんです(今でもまだ走ってるんですよ!)。
走ってる最中は別に不満もないのですが、というか、軽いし曲名を確認するわけでもないので、これで充分です。

でもこの組み合わせはなぁ、痛いとこ突くなぁ。走った距離とか消費カロリーとかわかるんだったら、いいですよねー。走るの楽しくなりそうですよ。
あとナイキのウェアはどんなやつなんだろ、これもかっこよさそう。

ナイキのシューズは持ってるんですけど、新しいのじゃないとだめかなぁ。
iPod(古)やshuffleではだめかぁ。

発売が楽しみだけど、また物欲が....うぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月23日 (火)

ドラッグ Drugs

風邪はなかなか治らないのです。
おとといは夜中に咳が止まらなくなってしまいました。それであまり眠れませんでした。
周りの人が風邪をひいていたりすると、「なんだよ、風邪くらい」な目で見たりするんですが、自分がやってしまうとやっぱりきついよ。

昨日は久しぶりに「デパス」というおくすりを飲んで9時くらいに床につきました。
夜中に少しは咳をしたかもしれませんが、一度も起きることなく、朝までゆっくり眠ることができました。

風邪の時はやっぱり眠るに限るなぁ。今日は朝からちょっと体調が良いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

車カー

昨日は風邪で体調は今ひとつでしたけど、午後からがんばってお出かけしました。

行った先は車のディーラー。今乗っているちびカーも3回目の車検になるので車をそろそろ買い替えようかということになったんですね。

久しぶりですよ、くるま屋さん。試乗というものもしてみました。

いや良くなってるんですねー、今の車。
何台か乗ったんですけど、どれも良いなぁ。ただ、評論家みたいに乗り味みたいのはわかりませんから、見た目重視になるのかな。

もうしばらく迷ってみることになるでしょう。迷ってる今が一番楽しいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月21日 (日)

コールド・チル Cold Chill

うーん、なんか風邪が良くならないなぁ。もう1週間経つんだけど。

タンと咳が続くんですよね。今日は天気いいけどおとなしくしておいた方がよいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

アイ・ウォント・キャンディ I Want Candy

一緒に住んでる人からおみやげもらいました。

表参道ヒルズで買ったそうです。それは何かというと

Dscf1572

この箱を開けると....

Dscf1573

なんだか赤いものが....

Dscf1577

奈良美智のキャンディー・ボックスでした!

かわいい!

中にはホントのグミ入りです。

実はあともう一ついいものがあるんですけど、それはまた近日公開予定、ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライト・アンド・ロング Right And Wrong

この記事

iPod課金の前に著作権保護技術の現状を再確認--私的録音録画小委員会

詳しいことは判りませんが、規制する側が混乱している様子がうかがえますね。CDからコピーさせるの、させないのと言っている間に、現実はどんどん先に行ってますからねぇ。

もはや意味の無くなったCCCDなんかは自然淘汰されて、過去の遺物となってしまうんじゃないかな。

委員会の偉い人達は「ウェブ進化論」でも読んで勉強したらどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月19日 (金)

ベイビーズ・イン・ブラック Baby's In Black

MacBookの黒いやつ、なんとUSBやFireWireのポートの奥まで黒いそうです(白いやつはポートの奥まで白)。
それと、傷が付いても筐体は黒いまま、
というのを自慢しています。

いやー、さすが「スペシャル」ですなぁ。

Windows機を使っている人達からは、「だからなんだよ」と言われそうです。

でもそれがAppleらしさ。ファンには嬉しいところなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月18日 (木)

アイヴ・ガッタ・フィーリング I've Got A Feeling

いきなりの発売ですね。iBookの後継、「MacBook」。
やっぱ知ってしまうともうだめ、欲しいなぁ。

私の物欲指数はこうなってます。

001

現在急上昇、もう少ししたらもうちょっと落ち着くでしょうけど。

黒いモデルが高い設定ですけど(BTOして中身を同じにしても黒の方が少し高い)、それに対するコメントがふるってます。

「黒いのは高いだって? それはスペシャルだからさ」

すごい言い切り方。大陸的だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

メイキング・フリッピー・フロッピー Making Flippy Floppy

Talking Headsのリマスター再発シリーズ、しばらく休んでいましたが再開です。

これまではデビューアルバムの「77」から「Remain In Light」まで紹介してきましたが、今回は

「Speaking In Tongues」

Dscf1608

です。

これまで再開できなかったのは、このアルバムが手に入らなかったからなのです。タワーレコードで直接注文しようとすると「Speaking In Tongues」だけカタログにない、などと言われてしまうのです。その他のリマスターアルバムはあるというのに、ですよ。
2つの店舗で同じ返事だったのでホントにタワレコのカタログに無かったんでしょうね。何かの手違いだとは思うのですが。

そういうわけど、アマゾンから手に入れました。初めからそうすれば良かったんですよね。

で、このアルバムなのですが、久しぶりに聴いてみると、いやー、聴きやすい。
というか割と普通なんですよ。
ファンクでポップ。バーンさんも普通に歌ってるし(声はやっぱり変だけど)。
でも今聴くとちょっと物足りない感じもするんですよね。当時は大好きでどちらかというとHeadsのアルバムでは一番よく聴いたアルバムなんですけど。

当時の評価はまぁ悪くはなかったと思うけど、「Remain In Light」の後がこれかよ、みたいな見方もあったなぁ。
イーノが抜けた後だからしょうがないよなぁ、みたいな世間の雰囲気もありましたね。

確かに「Remain In Light」でTalking Headsは”上がり”で、解散する、という道もあったんだと思うんです(各メンバーのソロ活動が活発になったのもこの時期でしたね)。というのも「Remain In Light」があまりにも衝撃作であったですし、次の一手が見えなかったというのもあったんではないかなぁ。

同時にその頃から、イーノが自分の名前もメンバーとしてクレジットするようにごねた、とか、メンバー間で不協和音が聞こえてきたとか、いろいろ噂があがるようになりました(真偽は定かではありません)。

Talking Headsの一番初めのベスト盤「Sand In The Vaseline」では、最も多い質問、としてこのような一節があります。

イーノはどんな人でしたか?

かっこよくて、いいアイデアを持ってて、正真正銘僕たちの曲作りに情熱を持ってた。彼は、多くのホットなロックン・ロール・プロデューサーたちと違ってそれを「手に入れ」たんだ。イーノには、冒険心やユーモアのセンスがあった。僕も他の人達も、彼が僕たちをバックアップ・バンドに、アイデアの種として欲しがっていると気づくまでは、一緒に仕事をするのは素晴らしかった。でも彼は、実際に曲を「書いて」いたわけじゃないんだ。オーケー、もう十分だろ。

かなりの当て擦りですが、まぁ、ある意味においては正直なところかもしれません。イーノから言わせるとまた違うと思いますがね。

で、このアルバム「Speaking In Tongues」です。今までと比べると驚くほどポップだし、開放感があるといってもいいくらいなのですが、この鍵はこのアルバムの参加メンバーにあるんじゃないかな。このアルバムの多くに「Stop Making Sense」に出演していた人達が加わっているんです。
「Stop Making Sense」の映画をご覧になった方はおわかりだと思いますけど、あの4人ではないTalking Headsは緊張感があるけど、実に楽しそうなんだなぁ。
ビートルズにおけるビリー・プレストンではないですけど、新しい血を入れることで(一時的にではありますが)新しいバンドとしてTalking Headsが生まれ変わったかのような印象を受けます。
おまけのDVDに”This Must Be The Place”のヴィデオが入っているんですけど、「Stop Making Sense」と全く同じメンバーがバーンさんの家(?)でホームパーティを開くというシチュエーションなんです。
このヴィデオでTalking Headsを初めて見る人はバーニー・ウォーレルやアレックス・ウィアー、スティーヴ・スケールズもHeadsのメンバーであると思ってしまうのではないかというくらいしっくりしています。バーンさんが一番前面に出るのはしょうがないとしても、他の3人と後からのメンバー(バックヴォーカルのリン・マーブリィやエドナ・ホルトなんかも)も全く同列に扱われています。このヴィデオがこの時期のHeadsを象徴しているように思いますが考えすぎでしょうか?

「Stop Making Sense」のアルバムを聴いた耳でこのアルバムで同じ曲に接すると、かなり物足りないものがあります。「Girlfriend Is Better」(例のビッグ・スーツでバーンさんがパフォーマンスする曲です)はゆるくてびっくりするくらいです。
でも”New”Talking Headsが到達した完成型が「Stop Making Sense」のバージョンなんでしょう、きっと。
ですから「Stop Making Sense」と「Speaking In Tongues」は二つ合わせて完成型と考えた方が良いのかもしれませんね。
「Speaking In Tongues」を新メンバーで創り上げることでイーノからの呪縛を乗り越え、「Stop Making Sense」でライヴ・バンドとしての頂点を極めた後、この”New”Talking Headsはあっけなく解散、再び沈黙の時期に入ることになります。

Dscf1607

Dscf1606

このアルバム 発表当時にラウシェンバーグがデザインした限定パッケージが発売されたのですが、それを模したとおぼしきデザインのCDレーベルでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

赤い電車(Instrumental)

赤い電車(Instrumental)

赤い電車(Instrumental)

今日も引き続きモブログで更新中。
薬で喉の痛みを抑えつつパタゴニア・ショップへ行きました。ちょっとお高いけど好きなんですよ、パタゴニアの製品。とっても薄いウィンドブレーカーを買ってしまいました。
京急の電車で羽田へ。私が乗ったのは残念ながら゛赤い電車゛ではありませんでしたけどね(止まっていたのはちゃんと赤かったです)
羽田は人がいっぱい!それだけで疲れてしまいました。じゃあ帰るか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

東京(Album Mix)

東京(Album Mix)

今日は出張で東京です。研修会だったのですが、場所は六本木ヒルズですよ。ザ・ゴージャス
でも、内容はちょっとさみしかったかな。
あと、喉痛くて体調悪し。「ロキソニン」という薬でなんとか持ちこたえました。これ、効くんだわ。
まだ9時だけどもう寝よう。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

優等生

このブログには「憂鬱天国」という名前があるのですが、漢字で書けないのですよ、「憂鬱」って。昨日気づきました。他にも書けない漢字いっぱいあるぞ。

「婉曲」
「生贄」
「軋轢」
「蔑む」
「拗ねる」

いやーっ、ワープロって偉大です。でも学生さんは使っちゃいかんですよ。勉強しなきゃね。オトナはいいんです。わははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

Little One リトル・ワン

数週間前に携帯電話を機種変更しました。1年半ぶりくらいかなぁ。
Webやメールを使うことはほとんどないので、電話機能が使えれば別に問題ないのですが...

でも急に欲しくなってしまったんですよね。物欲ですよ、物欲。

そんで、買ったのがカシオの「W41CA」の白。カメラの機能が昔のより良くなってるし(マクロ撮影も結構いける)、待ち受け画面がかわいいのも気に入ってます。「携帯sync」を使うとMacともつながるし。

Dscf1562

おさいふケータイは使ってます。チャージが面倒ですけど、これも結構良いですね。もっと使えるお店が増えればいいんですが。

いわゆる音楽携帯の一種でしょうけど(LISMOっつーんですか)、これは使ってないなぁ、iPod持ってる人にはいらないんじゃないかな。

特に何と言うこともないんですけど、新しいデバイスがあるって素敵。ちょこちょこ触ってます。

Dscf1595

自慢のストラップ。かわいいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ドント・バザー・ミー Don't Bother Me

「アップル」商標訴訟でビートルズ側が敗訴

まぁ、これは世の流れとしてしかたがないでしょうね。
控訴はもうやめて早くビートルズの楽曲を配信して欲しいな。そうなれば、他のアーティストもこぞって配信始めるような気がするけど。

えっ、もう準備してる?失礼しましたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

かもめ

かもめ食堂」見てきました!熊本でもやっと公開です。

いやーっ、良かった。自分の中で密かに北欧ブームなんですが、はまったなぁ。
フィンランド行きたいです、いやホントに。

映画はしごく単純な構造です。小林聡美演じるサチエさんがフィンランドで開いた「かもめ食堂」。ここに集まる(少数の)人々の人間模様ですね。

小林聡美さん、素晴らしい女優さんだなぁ。映画全体のトーンは彼女の表情やしぐさに支配されているといっても言い過ぎではないでしょう。彼女の雰囲気に合わせてフィンランドという土地を選んだようにさえ思えてきますよ。

フィンランドの「空気」もよく出ています。日差しは明るいんだけれど、ちょっと控えめ、なんですよ。そこがフィンランドな雰囲気なんですね。お店のインテリアもシンプルですけどとっても素敵です。

なんとなく、みずいろ、なんですね。

そしてそこに片桐はいりさんやもたいまさこさん、フィンランドの人達が加わってくると少しずつ淡い色が入り込んで、華やかではないけれど、とても落ち着く色合いが醸し出される、という印象でしょうか。

そして食堂で出される料理がおいしそうなんですよ。シナモンロール作るところは本当に良いにおいが漂ってくるようでした。あとおにぎり!映画の後、どうしてもごはんが食べたくなって、ごはん自慢の居酒屋さんに行ってしまいました(ここ)。

最後のシーンで、主演の3人の「いらっしゃい」がそれぞれ言い方が違うね、という話をするんですが、これがこの映画の控えめなメッセージかも。

みんなそれぞれ違っていいし、ここ(フィンランド)はそれが当たり前のところ。

Dscf1570

カモメ食堂のパンフです。かわいすぎ。

Dscf1571

もたいまさこさん演じるまさこさんがフィンランドに残ることになった理由が

「ねこを預かったから」

いいわぁー。

フィンランド行きたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

世界は1分間に45回転で廻っている The World's Spinning At 45 r.p.m.

昨日の野本かりあさんのシングルに引き続いてピチカート・ファイヴのCUT-UP singleの7作をiTMSからダウンロードです。

Photo_1

これまでのピチカートの楽曲をよってたかってリミックスしました、という企画ものです。こういうのはクラブむけ、なのかなぁ。
これは面白いなぁと思って聴きはじめたんですが、全部聴いてしまうと何が何だか判らなくなってきますね。7種類はちょっとお腹いっぱいかな。

過去の全作品も再発、ベスト盤も発売で盛り上がってるんですか、ピチカート?でもプレスからは無視されてないますね。よくわかりませんけど。
ピチカートマニアと呼ばれるファンもいるし(多くはないかもしれませんが)、小西さんの仕事ぶりはマニア魂に訴えるものがあると思うんだけどなぁ。レコードコレクターズなんかが率先して取り上げるべきだと私は思うんですよね。どうしてこうも無視されるのかなぁ。

今回の怒濤の再発で新しいファンが増えると良いですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

バブリィ

野本かりあさんの新曲をiTMSからダウンロードしました。

シングルにぴったりの楽しい曲ですねー。楽曲そのものはいつもの小西スタイルですけど、久しぶりに聴くとなかなかよいものです。
クラブでかかったらきっと盛り上がることでしょう。iPodで聴いていると思わず腰が動いてしまいそうでちょっとコワイですね。

Photo

ニューアルバムも近いんでしょうか。でもアルバム一枚この調子だときついかな。彼女のしっとりとした曲も聴いてみたいところです。

でもかりあさんかわいいなぁ。今度も写真集仕様で発売していただきたい(えっち)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月 5日 (金)

夜をぶっとばせ Let's Spend The Night Together

衛星放送でローリングストーンズのライヴを見ました。うん、これも懐かしい。
浪人してた時に友達と見に行ったですよ。このライヴ・アルバム(「Still Life」)も買ったですよ。私がストーンズを聴いていたのはこの頃だけだなぁ、考えてみたら。

Dscf1561

まず度肝を抜かれるのは、オープニングショットです。バックステージからスタジアムをばーん!と映すんですが、もう巨大というかなんというか、大量の人間がそこで歓声を上げているわけですよ。これはもう個人が対応できるレベルじゃないですね。うけてる時は歓声があって良い気分でしょうけど、しーんとしたり、ブーイングが上がった時は大変だろうなぁ。

この中で「夜をぶっとばせ」(何とかっこいい日本語タイトルでしょう!)やってますが、どうしても先日の「Ziggy Stardust The Motion Picture」のBowieのバージョンと比べてしまいます。「Ziggy...」は1973年で、ストーンズのライヴは1983年なんですが、Bowieの方が現代的なような感じがしました。
当然ですが、オリジナルは堂々たる古典といった雰囲気です。でもBowie版はもっと切羽詰まっていて、パンクな感じがありますね。ひいき目もあるでしょうけど、私はBowie版の方が好きだな。

私がストーンズの大ファンではないからでしょうが、途中でちょっと退屈になってしまいました。浪人の頃に見た時も確か途中で眠気が襲ってきた覚えが...

バックステージからのショットが結構あったのですが、チャーリーのかっぱはげがかわいかったっす。

と思ったらこのニュース。ドラッグでも死なない人だから手術くらいは大丈夫でしょ。髪の毛切られるくらいはがまんしなくちゃ。キース、早く良くなってね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 4日 (木)

ヒマの過ごし方

連休真っ直中ですね。天気良いですね。

私はかんづめになってお仕事です。忙しいわけではないのですがひとつところにいなければならないのです。憂鬱です。

こういう日は外でお弁当食べるだけでもシアワセな気分になるだろうなぁ。

久しぶりにテレビをぼーっとみてます。マリナーズとホワイトソックス戦です。野球をのんびり見るのは久しぶり。マリナーズがサヨナラ負けでがっかり。

おおー、「ハイジ」やってるよ、「ハイジ」。これでも見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

泣いても無駄 No Use In Crying

人の不幸を笑ったりしてはいけませんが、これにはつい吹き出してしまいました。

キース・リチャーズ、ココナッツの木から落下

ナニをしていたんでしょうか、キース。
オーヴァードーズならロックスターらしいですけど、ココナッツの木ではなぁ。きっとミックからからかわれることでしょう、イヤになるくらい。本人の回復してからの言い訳も聞いてみたいです。

もう”老人”ですからねぇ、骨折なんかしてないといいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

円軌道の幅 Width Of A Circle

NHKのBS2でBowieの「Ziggy Stardust The Motion Picture」をやっていたので思わず見てしまいました。

Dscf1560

いやぁ、懐かしい。
これ、はじめて見たのはフィルムコンサートでしたよ。大学1年くらいだったかなぁ。当時は「Let's Dance」の少し後くらいでBowieが一番盛り上がっていた頃ですよ、確か。

そのころはとにかくBowie大好きだったなぁ(今も好きですけどね)。この映画は「幻の作品ついに公開!」みたいなノリだったので、勇んで出かけていった覚えがあります。

正直、みてがっかりでした。まず映像が汚い。音が悪い。
Bowieは映像の人、みたいなイメージだったので、「なんじゃ、こりゃ」という感じでしたよ。
そのあと何年かしてヴィデオも発売されましたけど、これは買わなかったですね。当時の悪い印象がありましたから。

でもLPの2枚組は愛聴しました。「円軌道の幅」なんかはこちらの方が圧倒的に好き。あの映像だったら音だけの方がまし、と思ってました。

今日、ぼーっと見ていましたけど、結構良いじゃないですか。やっぱり映像はpoorですけど、それを補うようなバンドの勢いというか、若さというか、素直にかっちょよかった。ミック・ロンソンってこんなによかったのかー、と今さらながら反省しました。

若き日のBowieの貴重な記録ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »