« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ドント・ビリーブ・ザ・ハイプ Don't Believe The Hype

最近、仕事場の女の子が近くにある「酸素バー」に行ったとかできゃぁ、きゃぁ言ってました。
彼女の話によると、10分くらい酸素を吸ったらすごくカラダが軽くなって調子が良いんだそうな。回数券も買ったと言ってたな。
酸素を吸う前と後で、ちょびっと指先から採血して血のさらさら具合を計ってくれるらしいんだけど、酸素吸った後はとーってもさらさになってるんですって。

でもきのうたまたま見た「ためしてガッテン」で血のさらさらは簡単に操作できるというのをやってたんですよね。

血液さらさら、うーんあやしいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒア・イズ・ザ・グッド・ニュース Here's The Good News

あんまり大きく報じられていないけど、

GoogleのCEOを務めるEric Schmidt氏が、Appleの取締役に就任

これって結構わくわくするニュースじゃありません?
もちろん、即、GoogleのテクノロジーがAppleに導入されるとも思いませんが、近い将来、”新しい概念”のハードやソフト(それともそれらが一体になったもの?)が発表されればいいな、と期待させてくれますね。

”Leopard”でなんかやってくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

ビーウェア・ボーイフレンド Beware Boyfriend

高校野球なんて全く興味なかったけど、今年はなんかすごいらしいですね。

昨日、何の気なしにNHKスペシャルのドキュメントを見ちゃった。
斉藤君、いい感じだなぁ。ボーイフレンドとしては最高じゃないでしょうか。あれなら、女子に人気出るわ(田中君も笑顔がすてき、ですがね)。

やっぱ、これからは上品なオトコの時代かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

デイドリーム Daydream

フィッシュマンズの「宇宙 日本 世田谷」のラストの曲”DAYDREAM”。
何故かこの曲が気になってしょうがないんですよ。美しいワルツで、とても印象的な曲なんです。
でも歌詞が難解でよくわからなくて頭の中でぐるぐる回ってしまうというか.....
それで今回は歌詞を私なりに解説してみようと思います。

歌詞の前半は

”夕日の中で静かな顔で立ってた
あの人
無防備な顔して
ぼんやりとぼんやりと
ぼんやりとぼんやりと
立ってた
あの姿が君の全て
あの姿が君の全て
全て”

この歌詞の中の”あの人””君”は”私”が想っている人物でしょう。そして普段の”君”は、”無防備”だったり”ぼんやり”していることは無いのでしょう。”私”に対しても妙に構えたりするのかもしれません。
だけど”私”は、そんな”無防備”だったり”ぼんやり”している姿のことを”君の全て”と言い切っています。”私”は”君の全て”を知っている、理解している、のです。
ですから、二人は単なる知り合いではなくて、もっと深い間柄だった(過去形)か関係が壊れた状態と考えられます。なぜ2人の関係が壊れているのかというと、歌詞の後半では....

”死ぬほど楽しい 毎日なんて
まっぴらゴメンだよ
暗い顔して 2人で一緒に
雲でも見ていたい
夕日の中で
夕日の中で”

”2人で一緒に 雲でも見ていよう”ではなくて”雲でも見ていたい”と歌われます。
”君”に提案するのではなくて、自分の願望として歌われています。”君”と”私”の間には溝ができているためでしょう。
そして”死ぬほど楽しい 毎日なんてまっぴらゴメンだよ”です。楽しくなくてもいいから一緒にいたい、という切実な願いが込められているようです。
でも2人で一緒に見ているのはうつろいやすい”雲”であり、”夕日の中で”見つめているのでもうすぐ暗くなってしまうでしょう。

そして前半と後半の間では

”DAYDREAM DAYDREAM....”

と繰り返されます。2人の関係は壊れていて、”私”は修復したいと思ってはいるけれども、それは白昼夢(DAYDREAM)と知っているのです。
”私”はなぜか願うことしかできません。行動を起こしていません。”君”とはもうすでに遠く離れてしまっているのかも。

”DAYDREAM”が前半の”君”を描写した部分にもかかるのであれば(君の姿そのものが白昼夢であるならば)、もしかしたら”君”とはもう永遠に会うことができない状況(死別)にあるのかもしれません。

あまり歌詞について考えることは無いのですが、この曲は数少ない例外になりました。ちょっと深読みかな、とも思いますが、こういうこともあまりないのでちょっと書いてみました。

この曲はたぶん一生大事なものになるでしょう。

Daydream

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年8月22日 (火)

お魚はないよ No Fish Today

昨日の晩ご飯はさっそくサンマでした。これがおいしくて、つい食べ過ぎてしまって今日は朝から胃がもたれてます。
値段を聞いてみたら一匹100円だったそうです。

むかーし読んだ糸井さんの萬流コピー塾にこういうのがありました。

「魚屋の安いよは、うまいよ」

うーん、名コピーというか普遍の名言ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ステイション・トゥ・ステイション Station To Station

先週の大阪での休暇はJRを利用したのでした。熊本から大阪は4時間ちょっとです。

これまでは飛行機しか使ったことなかったのですけど、JRもなかなか良いものですね。特にすることもないので本を読んでました。最近は本を読む時間がなかなかとれないんですよね。往復で新書2冊と文庫1冊です(「グーグル—Google 既存のビジネスを破壊する  」「老後がこわい」「ああ言えばこう食う」)

ほんとは小説を読みたかったのですけど、小説世界に入っちゃうのが怖くてちょって敬遠してしまいました。連れもいましたし。

夏の間にビールでもちびちび飲みながら本を読みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

ブロークン Broken

やーっとMacBookの修理完了です。2週間くらいかかってしまいました。
この前の土曜日にプレゼンテーションに必要だったのに結局間に合わず古いPowerBook G4を引っ張り出さざるを得ず、です。

いったい何を修理したかを見てみると

「使用中電源が落ちるため、ヒートシンクを交換しました。
また、トップケースキーボード、ディスプレイベゼルを交換致しました。」

とな。

なんのことかわからないので交換部品補助説明書を読んでみると

ヒートシンク:CPUのように頻繁に電気が流れるチップは熱を持ちます。その熱を効率良く放出するための部品です。

トップケース:PowerBookやiBookのキーボードを取り囲む筐体の部分をさします。トップケースにはチップが搭載されているボードが付属しているため高額な部品です。(アンダーラインは私が引きました)

だそうです。もしかしたら初期不良品とかじゃなかったのかな。これからはちゃんと動いてくれたらいいんだけど。

Apple Careに入っていたほうがいいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

シャンク・ブロック・ボローニャ Shank Bloc Bologna

前回の続きであります。

首にタオルを巻いたTシャツのおじさんはやっぱりGreenでした。髪は短くて口には立派なおヒゲが。でぶではないですが、それなりにおニクは付いている感じ。でももともとが美形ですから品の良さが垣間見えます。

バンドはGreenも入れて6人。密かに楽しみにしていたDavid Gamson(Sugar Sugar !)とFred Maherは来てませんでした。でもみんな(一人を除く)若いんだこれが。
ギターは長髪の大学生風、ベースはポニーテールの女子大生風(かわいい!)、ドラムは短髪の美少年、キーボードに高校生風の男の子(この子が1曲ごとにGreenに楽譜を届けてました。なぜ?)。そしてもう一人のキーボードはカルロス・ゴーンさん(に似てるおじさん)でした。
Green先生とゴーン先生が学生の中から選抜して引率してきた、みたいな雰囲気でしたね。なーんとなく楽しそうでした。

1曲目は新譜から「Snow In Sun」でした。コーラスワークが印象的なこの曲から入るのはちょっと意外でした。だって歌うの難しそうだからね。でもGreenってば、歌うまいのよ。くろちゃん声だからそんなに声量ないかなぁと思ってたんですがなんのなんの、いい感じ。

曲はほとんどが新譜からでした。でも(新曲でしょうか?)ラップを2曲披露したんですよね。これがかっこよかったな。

CDではよくわからなかったんですけど、レゲエで言うところの裏打ちビートの曲がホント多い。ここがフツーのポップバンドと一線を画すところと一人納得でした。

オールドファンとしては「The Sweetest Girl」と「Wood Beez」やってくれたのがもうホント嬉しかったなぁ。なんか涙出そうでしたよ。でももっと古い曲をやって欲しかった。

あとちょっとびっくりしたのが「Shank Bloc Bologna」。これ、アルバムデビュー前の曲で、私もつい最近、初期のコンピレーション「Early」で聴いたばかりだったんです。本人は「パンクロックだよ」とかなんとか言ってましたけど、曲はレゲエでゆったりです。でも本人の言うところの「パンク」はきっと心意気というかスピリットのことなんだなと深読みしてにやにやしてしまいました。だってホントに70年代後半のイギリスパンクムーブメント出身なんですもの(思えば遠くへ来たもんだ。ね、Green)。

ステージは1時間ちょっとでした。短すぎてそれだけが不満、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

レイン・レイン・レイン Rain Rain Rain

いやー、台風来てます、つーか、今熊本なんですって(今18日朝7時45分)。
風、雨強いですが、今のところは思ったほどじゃないなぁ。
今日は仕事になるのか?
(Scritti Polittiはちょい休み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

ヒプノタイズ Hypnotize

8月14日、大阪のクラブ・クアトロでついにScritti Polittiを観てしまいました。

この会場はずいぶん久しぶり、というか2回目。前回はCarleen Andersonだったなぁ。
6時過ぎにクアトロに入りました。まだ時間もあるし、とりあえず何か記念に買っておくかと思ったのですが、グッズの販売はおろかCDすら売っていません。うーん、いやにあっさり。

ビールをちびちび飲みながらホールの中を見回すと、やっぱり年齢層高いよねぇ(ま、想像通りだけど)。中年のおじさんたちが(でも格好は若い)買ったレコード?DVD?のことをしきりに話していたり、でぶなおじさんが連れの女性にiPodをくりくりしながら音楽のウンチク話をしていたりと、ゆるーい雰囲気です(私もその中の一人なんだけどサ、ちぇっ)。

BGMはGreenの選曲だろうと思うけど、レゲエでした。曲はよくわからんかったです。でも機械でビシビシつくったヤツじゃなくて、一昔前の、素朴なヤツね。最近はレゲエなんて全然聞かなくなっちゃったけど、こうして聞いてみるとなかなかいいじゃないですか。なんか買ってみるかな。

なーんてぼんやり考えてるうちにいよいよ始まり。バンド登場だよ。わくわく。
あれっ、Tシャツで首にタオル巻いた人が真ん中に来ちゃったよ。おっさんくさいなぁ。えっ、これがGreen?(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

ピース・イン・アワ・タイム Peace In Our Time

朝、遅めの朝食をゆっくりと食べてホテルの部屋へ戻ると、テレビのニュースで小泉さんが靖国へ行ったことを大きく伝えていました。
そういえば今日は8月15日。当たり前のように平和です。この当たり前のような日々がいつまでも続きますように。
今日で大阪での休暇も終わりかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

Umm

明日から休暇で大阪へ行きます。

今回の目玉はScritti Polittiのギグなんです。まさか本物のグリーンが見られるなんて思ってもみなかったですよ。

かつての美しいお姿はないでしょうが、動いてるグリーン様が拝めるだけで本望です。

グリーン様のヴォーカル。ホントにあんな声なんでしょうか?

どういうステージになるのか全く予想がつかないなぁ。うーん、楽しみ。

時間があればモブログで更新します。

クアトロのHPからですけど、まさに”奇跡の単独公演”です。


                                       
                 
         
SCRITTI POLITTI〈スクリッティ・ポリッティ〉          
80’sを代表する珠玉のポップスを生み出したグリーン・ガートサイド=スクリッティ・ポリッティ!
サマソニ06出演に続き、奇跡の単独公演決定!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

ラヴキャッツ The Lovecats

Dscf1807

この雑誌をつい買ってしまった。
ふと立ち寄ったコンビニの本棚で輝いていた(ように見えた)のですよ。
おまけにパンダ付き。

Dscf1808

クレアは定期的にこの手の特集を組んでくるんだなぁ。これまで何冊買ったかなぁ。

Dscf1809

今回も、うーん、素敵。はっちゃん、ラブリーです。ハナがピンクなところが大好き。さわさわしたいよ。

もう辛抱たまらん、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

ファット・ボトムド・ガールズ Fat Bottomed Girls

仕事場の女性が「ダイエットします!」ということで、よく聞いてみると、食事の量をかなり減らしてがんばるぞ、みたいなことでした。
お米食べずに、夜はおトウフとかもずくとか、そんなの食べるそうです。好きなアルコールもやめちゃうそうです。

「あっ、そう、がんばってね」なんて励ましたりもしたんですが、どうしてこう極端なんですかね。
そういう生活ってどのくらい続くものなのでしょうか?一生もずくを食べ続けるつもりなんでしょうか?仮に1か月くらいがんばって10kg痩せたとしても生活スタイルが戻っちゃえばまた同じことの繰り返しになっちゃうわけだからなぁ。

普段の生活を見直すほうが先だと思うんですよ、私は。
何気なく食べてるそのファーストフード、コンビニで買ってきたジュースやお菓子。
外は暑いから涼しいところでじっとしてテレビを見ちゃう日々。

その女性には子供もいるんですけど、子供はどうみるのかなぁ。最近よく言う「食育」にはほど遠い気がするんですけどね。


ちなみにここに面白いことがかいてありました。引用してみますね。

「 日本人の一日の平均栄養摂取量は、成人男子の場合2400kcalです。そして、この内訳は基礎代謝量(呼吸など生命維持に必要な最少エネルギー) 1400kcal、労働代謝600kcal、消化吸収400kcalと言われています。運動などにより、この労働代謝量600kcalを消費しないと、か らだは脂肪として体内に取り込みます。そして脂肪1kgを燃焼させるには、約7000kcal相当の運動が必要となります。1kcal消費するには、約 30歩と言われていますので、1歩を約70cmとすると、70cm×30歩=21mを歩かなくてはなりません。そして、体重(脂肪)1kg・ 7000kcalを仮に歩くことで解消すると、30歩(1kcal)×7000kcal=21万歩=147kmとなり、一日で体重1kgやせるには、21 万歩・147kmを歩かなければなりません。時間に換算して、1分間に100歩とすると、35時間歩き続けなくてはなりません。こんなことは実際には不可 能です。少しずつできることを積み重ねて、長く継続させることが大切です。毎日7000歩(233kcal)多く歩いて、一ヶ月に1kg(233kcal ×30日=6990kcal)を減少させることが理想とされています。(アメリカでは、1日約300kcal、9000歩、6.3km歩くことをすすめて います。)

ダイエットとはいえ奥が深いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

ウィア・ゴナ・ブギー We're Gonna Boogie

何となく書きあぐねていたPrimal Screamの「Riot City Blues」です(タイトルかっこいいね、実に)。

Dscf1749

音楽誌でも評価が高いのか低いのか掴みかねていますが、私としてはちょっと点数低いかな。

音だけ聞くと、またイギリスの新人バンドか?という感じですが、ボビーのヴォーカルが入るとPrimal Screamなんだなぁと安心しますね。
実はいろいろと凝っているのかもしれませんが、私には割とフツーのバンドサウンドのように聞こえますな。ま、それをPrimal Screamがやると一捻りしたように思えるから不思議ではあります。

これはこれでちゃんとかっこいいし、実際、よく聞いてるんですが、彼らの作品の中ではあんまり印象に残らないものになるかもなぁ。

私としては次に期待、ですね。


Dscf1750

でも内ジャケの写真はかっこいいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

フューリー Fury

とうとうMacBookは入院です。もう悲しいですがしょうがないです。

気を取り直して久しぶりに通常の更新です。最近は滞りぎみだなぁ。なんだかんだと忙しいからなぁ。

iTMSでプリンスの「Fury」のミュージックビデオをゲットしました。

Dscf1755

うーん、良く言えばシンプル。悪く言えばあんまりお金かけていないビデオです。
この作品、一言で言えばスタジオライヴ(ご自宅?)なんですが、殿下とバンドが”ただ”演奏しているだけなんです。特に凝った演出もありません。

ま、それでもかっこいいからなぁ。昔ほど激しい動き(妙な動き?)はないんですが殿下にお仕えする身としては抗えないものがあります。

もしかしたら殿下の衣装に一番お金がかかっているんじゃないかと思われる作品でした(それもまた良し)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

コンピューター・ブルー Computer Blue

うーっ、買ったばっかりのMacBookの調子が悪いなぁ。

突然、なんの前触れもなくですよ、システムが落ちちゃうんです。
ワープロ打ってたらいきなり止まっちゃうんですよ、パソコン。
この前はエクセルでデータの整理してたときに止まっちゃって、入力したのパーですよ、ぜーんぶ。

Appleのコールセンターに電話したらOSをインストールし直したほうがいいって。そのためにはバックアップ取らなきゃなんないんですよね。それで止まらないことを祈りつつ取りました、バックアップ。強力な”念”を送ったおかげかなんとかバックアップの間は止まりませんでした。

それでハードディスク全部消去してインストールし直し。果たしてだいじょぶか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »