« 調子悪くてあたりまえ | トップページ | またたびをする »

2006年9月11日 (月)

フレンズ・アゲイン Friends Again

Corneliusのシングル"Music"とFlipper's Guitarの再発"海へ行くつもりじゃなかった"を買ったんですよね。

Threecheersforourside

Flipper's Guitarは"ヘッド博士の世界塔"しか聴いたことなかったんです。というのも彼らが評判になった時期、「ちゃらい」連中だな、と思っていたからなんですよ。確か「宝島」誌で小さな連載コーナーを当時持っていたと思うんですが(小さい版から大きいサイズに変わった頃かな。でも今ある普通の週刊誌っぽくはなかったと思う。エッチになる前でもあったかな)、「しゃらくさい」ことや「背中がかゆくなる」ようなことばっかり書いてあったように記憶してるんですよね。
ピチカートはデビュー時から大好きだったので、今考えるとなぜFlipper's Guitarを全く聴かなかったかちょっと不思議な気がしますが。

で、彼らのデビューアルバムを聴いてみたのですが、ネオアコの文脈が露骨に顔を出して微笑ましいです(モノクローム・セットとかアズテック・カメラとかね。あとel のアーティストたちも)。ファンだったんで好きなことをそのままやっちゃいました、という感じかなぁ。CorneliusのファーストはJamiroquai、Style Councilもろ、だったので、小山田圭吾のディレクションが大きいのかな。

でもイギリスのネオアコと決定的に違うのは気持ち悪いくらい明るいことです。本場のネオアコ(の能天気なグループの人たちさえ)は明るいんだけども、どこかに暗い影が見え隠れしていたように思うのです。このファーストが発売されたのはバブルで世の中が浮かれていた頃でしょうが、その雰囲気が如実に表れているような気がしました。ホイチョイプロの一連の映画(見たことないけど)に使われそうな雰囲気すらあります。

このFlipper's Guitarのファーストは、当時聴いたら大好きになったか、大嫌いになったかどちらかだったろうな。今はCornelius大好きなんですけどね。

Music

Corneliusのシングル"Music"。うーん、やっぱり良いね。前作からの延長のような感じですけど、私はこの路線大好きなんで全然オッケーです。

でも最後の曲はちょっとジョークがきつすぎる?

|

« 調子悪くてあたりまえ | トップページ | またたびをする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/11754745

この記事へのトラックバック一覧です: フレンズ・アゲイン Friends Again:

» 海へ行くつもりじゃなかった / フリッパーズ・ギター [eclipse的な独り言 ]
 こんなの買ってしまいました。  私が一番お得だと感じているヤマダ電気。何せ、 [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 21時33分

« 調子悪くてあたりまえ | トップページ | またたびをする »