« イン・ザ・シティ In The City | トップページ | ニュー・ラウンド New Round »

2006年10月22日 (日)

イフ・アイ・ワー・ア・グルーピー If I Were A Groupie

出張からの帰り道、新書を読みました。

フェルメール全点踏破の旅

Dscf1946

追っかけ(グルーピー)日記ですね。
グルーピーといえば、一般的にはロックスターなんでしょうが、作者の朽木ゆり子さんの場合はフェルメールの絵画ですね。
みうらじゅんさんは「見仏記」でそれこそロックコンサートになぞらえていましたね。

やっぱり楽しそうなんだなぁ、この旅。もちろん絵画を鑑賞することにも喜びを感じているようなんですが、一番この人が喜びを感じているのが「絵の謎解き」なんですよね。
知ってました?例えば楽器が描かれていればそれは「愛」のモチーフだとか、風俗画の中にキリスト教的教訓が描かれているとか。それを学者さんがいろいろ研究してるんですよね。あとX線写真を撮ってはじめにどんな絵が描かれていていたかとか研究してあるんですよね。
これってどこかで聞いたような話だな、と考えてみたら、「ビートルズ」ですよ、「ビートルズ」の研究!いろいろ出てるじゃないですか研究本、何月何日に誰がスタジオに入ったとか、どのテイクが使われたとか。半端音楽マニアの私でも調べてしまいたいキモチは何となく判るかな。

作者自身が研究したというわけではないですけど、読み込んでるなぁ、研究本を。それに対して、実物を見た感想を素直に、でもけっこう鋭く突っ込んでいくのがこの本の醍醐味(隠し味が地元学芸員のコメントかな)。

<窓辺で手紙を読む女>が展示してある絵画館の学芸員に彼女はこう質問します。

私はナイトハルトさんに、テーブルの上にのっている皿が傾いていて、果物がこぼれているのはなぜなのか聞いてみた。

いや立派です。これぞグルーピーの生きる道。私もCDをもっと聴かねばと反省いたしました、はい。

|

« イン・ザ・シティ In The City | トップページ | ニュー・ラウンド New Round »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/12374097

この記事へのトラックバック一覧です: イフ・アイ・ワー・ア・グルーピー If I Were A Groupie:

» 羨やみ、嫉む。 [弐代目・青い日記帳]
仕事でフェルメールを観て歩けるなんて羨ましいです。 ましてや一冊の本にそれが出来ちゃうなんて。 「プロ」はいいですね。 『フェルメール全点踏破の旅』 朽木 ゆり子 新書ですがビジュアル版と銘打っているだけあって カラー図版がふんだんに取り入れられています。 フェルメールの作品全点がカラーで紹介されているのは勿論。 所蔵されている美術館や筆者が訪れた街の様子等も紹介。 日本でもゴッホと並ぶ人気を持つ十七世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメール。その作品は世界... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 09時40分

« イン・ザ・シティ In The City | トップページ | ニュー・ラウンド New Round »