« ゲット・バック Get Back | トップページ | ガールズ・オン・マイ・マインド Girls On My Mind »

2006年11月22日 (水)

ビコーズ Because

まだあんまり聴いてないですけど、ビートルズの「LOVE」とっても良いなぁ。

一緒にレコードコレクターズを買ったのですが、内容濃いわ。

Dscf2108

大鷹俊一さんの記事はさすがの貫録で、

あらゆる分野で革新者であったビートルズだが、現代の音楽状況と唯一、乖離する部分があるとすれば<肉体化したエンターテインメント>という点だ。(中略)そうした見方をすればシルク・ドゥ・ソレイユのサーカスという古典的なものを音楽や照明、ダンス、ストーリー性の部分で洗練させ作り上げた現代ならではの究極的な肉体エンターテインメントとビートルズ・ナンバーがまるで引き寄せられるように合体していくというのは、それほど突拍子もないことではなかったのだなと思っている。

というくだりは思わず膝を叩きました。
Dscf2109

あとはラスベガスショウの現地リポートもあって気合いが入っています。

Dscf2110

あと何といっても驚いたのは森山直明さん(有名なの?)の記事。
Dscf2107

ではなぜ今回(しつこく)3度目の”ストリングスのステレオ化”を図ったのであろうか。ここで聴けるのは、いきなり”♪ァ〜”と歌が始まるオリジナル版とは異なり、30秒ほどストリングスによる前奏が続いてからヴォーカルが入ってくる。前奏付き「エリナー・リグビー」は初めてだが、それが目的だったのだろうか。答えはノーである。”ソングトラック版”はピーター・コビンがリミックスしたのであるが、ストリングスとヴォーカルの重ね合わせの際に、わずかにヴォーカルが遅れてしまっていた(ぼくはコビンのケアレス・ミスだと思う)。今回はそれが補正されているのだ。”ソング・トラック版”のヴォーカルの遅れが、マーティンは気になっていたのだと思う。コビンへの回答。それがこの曲のコンセプトだ。ちなみにオリジナル版に見られた歌い出しが一瞬ダブル・トラックになるというミスも、当然補正されている。

試聴会の”たった2回”でこれですよ。さすがマニア。いやオタク?
いったい何のことやらさっぱりわかりません。聴き方が全く違うんだなぁ。
でもね、こういう記事読むのは、私、結構好きなんです。熱いんですよね、こういう人たち。ある意味人生棒に振っているかも。
「それがいったいどうしたの」
「いったいなんの役に立つの」
と奥さんにでも言われたら即座に空中分解してしまうわけですが、邁進せずにはいられない性なんでしょうなぁ。
ここまではいかなくてもビートルズに大金をはたいている人たくさんいるんでしょうね。どのトラックから取ったとか、どのテイクとか、ディープな聴き方してるんだろうね。

愛すべしビートルズ。
愛すべしビートルズ・マニアよ(キモチはわかるぞ)。

|

« ゲット・バック Get Back | トップページ | ガールズ・オン・マイ・マインド Girls On My Mind »

コメント

はじめまして。
トラバありがとうございました。

やっぱり!僕の想像していたことに近い部分が記事にされていたのですねw。
ジョージ・マーティンはビートルズのオリジナルの随所に「気になっていた」部分を持っていたのは、その後のインタビューなどでも推測できましたが、ここぞとばかり踏み込んだ形になったのでしょうね。

現代の音として磨き上げたビートルズの音には多くの発見がありました。

投稿: yanks | 2006年11月25日 (土) 08時25分

こんにちは、yanksさん。

いろいろ奥深いアルバムですよね。しばらくはこれだけでも相当楽しめそうです。

投稿: るき | 2006年11月25日 (土) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/12773338

この記事へのトラックバック一覧です: ビコーズ Because:

» ビートルズ『LOVE』 [名盤!]
ビートルズの「A Hard Day's Night」を聴くといまだに“突然ガバチョ!”を思い出してしまう僕はそれ程熱心なビートルズファンというわけではないが、ビートルズは好きである。 (“突然ガバチョ!”についてウィキペディアで見る) 特に好きなアルバムは『ラバーソウル』『リボルバー』『アビイロード』。 そんな僕が今日買ったのは話題(?)のビートルズの新作(??)『LOVE』。... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 00時45分

» 『ラヴ』ザ・ビートルズ [映像と音は言葉にできないけれど]
本来、ラスベガスのショウのためのビートルズ・サウンド・コラージュのサントラ盤ということだったので、まだ観ぬショウのサントラをあまり期待していませんでした....が。 [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 08時26分

» The Beatles 『LOVE』第一印象 [SEXY AOR ]
こんなことしていいのかよー冒涜じゃん! と思いつつも鳥肌が止まらない。 という [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 13時50分

» ビートルズ 14 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00601 ビートルズのアルバム『LOVE』 ビートルズの新作らしいです。 正直今更“新作”なんて言われてもトキメキません。 過去企画物のアルバムを聴いては素晴らしい曲の再確認は出来てもそこに“新鮮味”は皆無でしたから。 しかし、驚いた事にこの....... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 13時10分

« ゲット・バック Get Back | トップページ | ガールズ・オン・マイ・マインド Girls On My Mind »