« コール・オン・ミー Call On Me | トップページ | レヴォルーション Revolution »

2006年11月26日 (日)

ラプソディー・イン・ブルー Rhapsody In Blue

「のだめカンタービレ」

Pg1406

今回はマンガではなくてテレビの方です。マンガが好きなのでついつい見ちゃうんです。結構楽しんで見てるんですけど、よくよく冷静になってみると妙なドラマだなぁ。内容のことじゃないんですよ。

竹中直人(外国人を日本人に演じさせるというめちゃくちゃ不自然なことは彼しかできなかったかも。「豪速球の変化球」みたいな感じかなー)が出ているときはそう不自然にも思わなかったのですけど、前回からドイツへ帰っちゃって出なくなってみると、なんかドラマがしっくりしなくなってるような気がするんです。

竹中直人の過剰な演技は当然笑いを誘うわけですが、画面に登場しなくなってみるとほかの出演者も過剰な演技をしていることに気付かされてしまうのです。
「ぎゃぼ」といって殴られるようなシーンではないんです。例えば悲しいシーンでは眉毛を下げて口をとがらせたり、うれしいシーンでは手をたたいたり、怒ると大声になったり、とかね。なんか全員がそんな感じ。

かつてナンシー関さんが、沢口靖子さんや高島政伸さんをして「ぬいぐるみの演技(ぬいぐるみは表情が無いので身振り、手振りで演技するってことですね)」と素晴らしい表現をしていましたが、まさにそんな感じかなぁ。

竹中直人さんが出演してるときは、あまりのオーラに他の人たちが見えませんでしたが、いざいなくなるとなんか学芸会っぽいなぁ(そういう演出なんだろうとは思いますけど)。なんか見てるとこっちが恥ずかしくなるような....

でも上野樹里さんはオッケー。だってかわいいからね。日本映画の未来は彼女の肩にかかってますよ。


ちなみに私の”ラプソディー・イン・ブルー”は映画「Manhattan」のサントラ盤からです。久しぶりに聴いたらやっぱりいい曲でした。

|

« コール・オン・ミー Call On Me | トップページ | レヴォルーション Revolution »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/12826094

この記事へのトラックバック一覧です: ラプソディー・イン・ブルー Rhapsody In Blue:

» のだめカンタービレ [トレンディーなキーワード]
テレビドラマ、アニメ化もされましたね。 青春クラシック 音楽コメディの [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 12時57分

» のだめ情報 [芸能ウラ情報]
のだめのアニメ主題歌をあの歌手が! [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 13時47分

« コール・オン・ミー Call On Me | トップページ | レヴォルーション Revolution »