« ワナ・ビー・ホエア・ユー・アー Wanna Be Where You Are | トップページ | オール・ディス・ユースレス・ビューティ All This Useless Beauty »

2006年11月19日 (日)

デヴィル・イン・ハー・ハート Devil In Her Heart

プラダを着た悪魔」を観てきました。
たわいもないといえば、まさにそういう映画なのですが、私は気に入ったなぁ。

Wallpaper_01_800

ファッションとは無縁のジャーナリスト志望のおんなの子(アン・ハサウェイ)が、強烈な上司(メリル・ストリープ)のもと成功していくという話なのです。でも終わりの方になるとその世界(ファッション業界ですよ)での成功に背を向けて別の世界に行ってしまうんです。

似たような「お仕事成功ストーリー」映画はときどきあります。「ワーキング・ガール(シガニー・ウィーバー大好き!)」とか「摩天楼はバラ色に」とかね。でもこの映画では最後に身を翻して転職してしまうあたりが作品をほろ苦いものにしてるんですよね。

この手の映画では上司はいわゆる悪役で、最後に泣きを見るのが定石ですが、メリル・ストリープの上司はちょっと違ってます。彼女はいわゆるビジネス・ウーマンではなくてファッションの体現者なのですよ。ファッションを文化として考えているので採算は度外視。そのためにオーナーからは好かれていないということが、後半への布石となっているんです。そして最後まで彼女はずっこけることなくレスペクトされています。

映画のはじめの方でアン・ハサウェイが、二つのベルトのどちらが良いか悩んでいるメリル・ストリープに向かって「どちらのベルトも同じに見えます」と言ってしまう象徴的なシーンがありました。あれは一般大衆の声ですね。私もそう見えましたもの。
確かに、デザインして新しいファッションを生み出すのはデザイナーの仕事。でも何が素晴らしいのか、何が新しいのか一般大衆には理解ができないのです。そこでファッションを解釈して大衆にもわかるように提示するのが彼女(メリル・ストリープ)の仕事なのですね。彼らがチョイスしなければ新しく生み出されたファッションはないも同然なわけです。こういうところがこの映画ではさりげなく、だけどピリッと描かれていましたね。

メリル・ストリープのイメージって、なんとなくやぼったい感じがありましたけど、みごとに化けてますねー。いやかっこよかったですよ、見直しました。
アン・ハサウェイも努力してたみたい。ファッションに無縁であることを強調するためか映画の始めの方はお肉がだぶついているんですが、後半になるとシェイプ・アップしてます。顔はかわいくても根性ありそうです。ま、メリル・ストリープが目の前にいれば気合いが入るのも当然かな。

大人も楽しめるちょっといい映画。ファッション好きなら2度おいしいですよ。

|

« ワナ・ビー・ホエア・ユー・アー Wanna Be Where You Are | トップページ | オール・ディス・ユースレス・ビューティ All This Useless Beauty »

コメント

るきさん、こんにちは。見たのですね?私はこれ気に入りました。日本の宣伝の仕方は嫌でしたが。

>映画のはじめの方でアン・ハサウェイが、二つのベルトのどちらが良いか悩んでいるメリル・ストリープに向かって「どちらのベルトも同じに見えます」と言ってしまう象徴的なシーンがありました。

あれはアンドレアが悪い!私は自分のファッションには興味が全くありませんが審美眼は持っていたいと思う人間なので・・・おほほほ・・・

投稿: ぷくちゃん | 2006年11月19日 (日) 22時55分

こんにちは、ぷくちゃんさん。

おほほ....
面白い映画だったです。
こういう大人が楽しめる映画にはもうちょっと違う宣伝の仕方がありそうですね、確かに。

投稿: るき | 2006年11月20日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/12735205

この記事へのトラックバック一覧です: デヴィル・イン・ハー・ハート Devil In Her Heart:

» プラダを着た悪魔 [eclipse的な独り言 ]
   さてビートルズの新譜を買いに行きました。そうしたら今回の発売は全世界同時 [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 22時54分

« ワナ・ビー・ホエア・ユー・アー Wanna Be Where You Are | トップページ | オール・ディス・ユースレス・ビューティ All This Useless Beauty »