« サタデイ Saturday | トップページ | ジナ・ジナ Gina Gina »

2006年12月16日 (土)

ヴァン・オキュパンサー Van Occupanther

今年のベストはCorneliusで決まっていたはずでしたが、対抗馬出現です。

Midlake「The Trials of VAN OCCUPANTHER」

Dscf2201

うーん、良いねぇ。ミュージックマガジンでえらくほめられていたから少し気になってはいたんだけど実はすっかり忘れていました。昨日久しぶりにタワレコ行ったのですが、印象的なジャケットを見かけて思い出したのでした。

いいアルバムジャケットだよ、これ。深くて寒い森の中で半獣人と森の精(VAN OCCUPANTHER?)がふたりで並んでいる図。何か深い意味がありそうななさそうな、でも見る人に何かを思わせずにはいられない写真じゃないかな。

音の方はアコースティックというよりフォーク?静かなアルバムなんですがときどきギューンとギターが鳴ったり、「70年代かよ」というようなシンセの音がなったりして不思議と飽きさせません。
ライナー読むと70年代のフォークロックがインスピレーションの源(私の苦手分野)らしいのですが私が真っ先に思い浮かべたのが実はトム・ヨーク。声が似てるからかな。でも静かでシンプルなような複雑なような感じは共通してると思うんですけどね。

このアルバムは聴き込むほどによくなりそうな予感。この年末の忙しい時期にこんなアルバムに出会っちゃって時間がいくら合っても足りないよ。

|

« サタデイ Saturday | トップページ | ジナ・ジナ Gina Gina »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/13087542

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァン・オキュパンサー Van Occupanther:

« サタデイ Saturday | トップページ | ジナ・ジナ Gina Gina »