« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

ラフター&フォゲッティング Laughter And Forgetting

もう忘れることを恐れないんです、私は。

前回、Corneliusコンサートについてちょこちょこ書きましたが、もうどんどん忘れてます。コンサートが終わった瞬間から忘れ始めてます。「感激した!」と思っても次の瞬間にはもうキモチが薄らいでいきます。

私がはじめてコンサートといわれるものを観たのはPILの福岡公演でした。
「コンサートというものはとてつもなく感激したりするものなのだろうな!」「生のアーティストを観るわけだからな」「ジョン・ライドンだよ!」とかなり緊張して会場へ足を運びました。
コンサートではジョン・ライドンが客席に向かってビールを振り撒いたりしていたことは今でも覚えていますが、あとはもうすっかり忘れているようです。当時何がショックだったかと言うと、コンサートが終わるとほとんどのことをさっぱり想い出せないことでした。「あんなに感激してたじゃないか」と想い出そうとしてもさっぱり浮かんでこないのです。びっくりするくらい忘れてるんです。
「はじめてのコンサートだったから緊張してたのかな」と気を取り直したのですが次のコンサート(ポール・ヤングだっけ?)も、その次のコンサート(戸川純?)もでした。

「コンサートどうだった?」と尋ねられれば「いやすごかったよ」みたいな話は一応しますが、ホントはもうほとんど忘れちゃってるんですよ。

「あんなに感激したのにもう忘れちゃうなんて」「俺って病気じゃないか?」とか「情緒的な欠陥があるんじゃないだろうか」とか「ホントはコンサートなんて好きじゃないんじゃないの」とか本気で考えたものです。映画や読書、旅行のこともやっぱり忘れるんです(でもコンサートが一番忘れる)。

他の人がどうなのかは知らないし、「そんな奴いないよ」と言われるかもしれません。

でももういいんです。忘れるものは忘れるんです。「お金と時間の無駄」であるかもしれません。
でも、「コンサートに行きたい!」「本物を観たいんだよ」というキモチは今でもなくならない。周りを見れば若い連中ばっかりだし、スタンディングはくたびれるんだけど、やっぱりコンサートに行きたい。このキモチはきっと本物なんだろうなと思うんです。

見終わったらすぐに忘れるけど、しばらく経ってそのアーティストの音楽を聴いたり、考えたりするほんの瞬間、自分でも気付かないくらいの短い時間だけど、ふっとコンサートの一場面が頭をよぎることがあるんだよ。コンサートの一場面じゃなくて、会場の人の多さだったり、帰りの電車の中のことだったりもするけどね。

でもその頭をよぎる一瞬こそが、大好きなアーティストと時間を共有したが証なんだろうね。その瞬間の感覚はその場に居なかった人には決してわからないものなんだと今は思う。強く思う。

意識の中には上がってこなくても、無意識の中に「あの時の感覚」が潜んでいる。ふとした拍子に顔を出す。そんなことが、ようやく、だんだん、判ってきたなぁ。

私はなんでもすぐ忘れちゃう。でももう忘れることは恐れない。忘れていった膨大な時間の上に私は存在しているから。忘れていった数々の無意識が私をつくり出しているんだからね。

そう、開き直りですよ、開き直り。これからもどんどん新しいことやって(お金も使って)、どんどん忘れますよ。でもいいじゃん、それで。それが私なんだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

スリープ・ウォーム Sleep Warm

追い込みの仕事+体調不良でアップが遅くなってしまいました。

Ca330012

3月20日は福岡でCorneliusのコンサートを観ました。
おじさんにはスタンディングは堪えましたけどがんばりました。

個人的には大満足ですね。
もしかしたら評価が分かれるんじゃないかなと思うのは、いわゆる”ロックコンサート”の盛り上がりには欠けていたからです。客と一緒に歌うわけでもなく、踊れるわけでもなく、派手なアクションがあるわけでもなく、MCがあるわけでもなく....

だけどフロアの反応が冷たいかというとそんなことは全く無くて、みんな結構楽しんでいたようです。男女比は半々くらい。真面目な音楽ファンという感じかなぁ。1人で来てるおんなのこやおとこのこも結構いたように思います。

コンサート前はステージの正面が大きな布でスクリーンのように覆われていました。演奏が始まるとバックライトでその布に4人の影がバーンと投影され(「Stop Making Sense」?)そして次の瞬間その布はばっと引っ張り外されバンドの4人がお出ましになる、という趣向でした。
オープニングは「Breezin'」〜「Wataridori」〜「Gum」と新譜からの怒濤の3連発。小山田君はにこりともせず、爆音をかなで歌っていました。彼は声量があるほうではないですから人前では演奏にかき消されるくらいの方がいいんじゃないでしょうか(以前配信されていたApple storeでのライブではボーカルがあまりにクリアで歌がへろへろなのが分かりすぎてしまいましたから)。

動きのあまりないステージなので退屈しそうにもなるのですが、後ろに映し出されている映像がとっても良くできていて、演奏を忘れてついそちらに見入ることもしばしばでした。またこれも発売してくれるでしょうか。

その後は「Point」からの曲を経て「Count Five Or Six」〜「I Hate Hate」で爆音はピークに達するのでした。

その後「Star Fruits ...」をやってくれたのはやっぱり嬉しかったですね。彼にとっても重要な曲なのかな。

非常に無愛想な小山田君ですが、途中、客席からサラリーマン風の男の人をステージに上げてテルミンを操作させたりして、彼なりに客を楽しませようとしてるんだなと少し微笑ましかったです。

バンドは4人。ドラムのおんなのこが結構すごくて(ドラミング正確なんだな)、彼女が屋台骨を支えてる感じがしました。アンコールの「Sleep Warm」のときはフルートを吹いたりしてました。

アンコールでまた出てきたときは結構にこにこしてました、小山田君。「Sleep Warm」でほのぼのしてコンサートは終わりました。演奏の終わった会場には風鈴の音が聴こえてました。

考えてみたら、私、「Fantasma」「Point」そして今回の「Sensuous」と彼のライブは結構観ているんですよね(一緒に住んでる人は「69/96」も観ていたりする)。人前苦手そうだけどライブはまめですね、小山田君。そしてライブ自体もだんだん良くなってる気がするんだなぁ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

ガール Girl

昨日から福岡に来ています。
今日の朝天神地下街で5歳くらいのおんなのこを連れたお母さんとすれ違ったのですが、その時こどもが

「いつもの納豆巻きとどこが違うの?」

と母親に言っているのが聞こえてきました。どういう文脈なのかまったくわからないのですが、うーん、なんかちょっとかわいいと思ってね。いやそれだけなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

ティー・カップ Tea Cup

今はペットボトルとかカンとかでお茶やコーヒーってよく飲みますよね。一日にかなりの量を生産してると思うんですけど、その時に出てくる抽出した後のお茶の葉やコーヒー豆ってどうしてるんだろうか。
テレビのCMなんか見てると「一番いいトコだけ」って感じするから残りって言っても結構良いお茶出そうな気がするんですけど。

絞った後って普通に生ゴミにして出すのかなぁ。大量だろうなぁ。有効利用できそうにも思えるけどなぁ。

ホントのところどうなんだろ。つまんないことですみません。ちょっと気になったもので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

ライク・ア・ローリング・ストーン Like A Rolling Stone

けっこう新し物好きかも、私。

表紙につられて「ローリングストーン日本版」をさっそく購入してみました。

Dscf2324

あーっ、中途半端だわ。残念ながら。
アメリカの「Rolling Stone」誌がイメージにあるのでもっと硬派な雑誌かと思いましたよ。でも中身は20代前後の若者(オトコ)をターゲットにしたと思しきファッション記事が多過ぎ。広告費を取るためだか何だか知らないけど、なんだかなぁ、という印象消えず。

あとはね「翻訳しました」って感じの記事のそこはかとないもどかしさはどうもならないものなのかな。日本展開するときの宿命なのかもしれないけどさ。なんかすっと入ってこないんだよね。

それとさ、もしかしたらさ、あんまり音楽のこと好きじゃないんじゃない?編集長。このままじゃ厳しいかもよ。

ただきらりと光るインタビュー記事もあって無視し難いところもありですな。ベストはJBの追悼記事でしょう。

Dscf2325_1

その中の一文から
「俺は怒りを抱え込んだりはしない。神さまの裁きを信じているからな。正義は存在するんだ。そうじゃなきゃ、ここまでやってこれなかった。レコード会社やDJから相手にされなくなっても、トップ10チャートに俺の曲が入らなくなっても、そんなことはどうでもいい。だって、神様だけは俺と同じくらいジェームス・ブラウンのことをお見通しなんだからな。西暦3000年になったら、誰もジェームス・ブラウンのことなんか覚えちゃいないだろう。今のあんた方はジェームス・ブラウンがどんな人間なのか、わかった気になってるかもしれない。だがね、本当のことを知ってるのは、神様と俺だけなんだよ」
かっちょいい〜。いろいろエピソードの絶えない人でしたが、信念の人だったんですね。

あと高橋幸宏さんのインタビューも載ってました。
やっぱりダンディーだね。ジローラモ系のちょいワルおやじなんかよりも数倍セクシーと思います、ワタクシ。

Dscf2323

次号はどう出てくるんでしょうか。面白いインタビューあったら買うかもしれないけど....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

君の意思のままに Hang On To Yourself

直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。

梅田望夫さんのブログからです。
若い人に向けての言葉なのでしょうが、「ずん」と響きました。

二十歳にもなれば、その人のすべてはもう顕れている。その自分の良いところを見つけるには、自分の直感を信じ(つまり自分を信じるということ)、自分が好きだと思える「正のエネルギー」が出る対象を大切にし、その対象を少しずつでも押し広げていく努力を徹底的にするべきだ。そういう行動の中から生まれる他者との出会いから、新しい経験を積んでいけば、自然に社会の中に出て行くことができる。「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けろ。そのことに時間を使え。

「徹底的に」努力をしてきたことはないのですが、社会人になってからの約20年(もう20年だよ!)「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けてきた日々だった様な気がしました。
「これが自分の方向かな?」と思い始めたのが30代半ばを越えてからだったのですが、それからは自分の居場所を探して(今も探してます)数年ごとに、あるいは数か月で職場を転々としました。

比較的長く居たのに得るものが少なかったところ、短い間だったのにその後の自分の方向に強いインパクトを残したところ、それはそれはいろいろです。でも総じて言えるのは、どこであっても「他者との出会い」「新しい経験」は何ものにも代え難いということです。

先々週だったかな、「金曜かきこみTV」というNHK教育の子ども番組をぼんやり見ていたら、山本晋也カントク(みうらじゅんだったかも)が「ずっとオトナになった気がしなかったけど、小さい文字が見えなくなって、コドモからオトナにならずに年寄りになった気がした」みたいなことをしゃべっていました。

「あー、これは俺のことだな」としみじみ感じ入ってしまいました。自分のキモチは20歳のころとあんまり変わってなくて、「自分の居場所はきっとどこかにあるんだろうな」というガキみたいな想いはなくならないのですが、いかんせんカラダがついていかない時があるんですよね。そんなときは「もうここで落ち着いちゃおうかな」とかも考えたりもするんですがね。

梅田望夫さんのブログはこう締めくくっています。
それでもっと悪いのは、ダメな大人の真似をして、自分のことは棚に上げて、人の粗探しばかりする人がいることだ。そうすると利口に見えると思っているかもしれないけど、そんなことしている暇があったら自分で何かやれ。

ちゃんとしよう、ちゃんと。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

ハンギング・オン・ザ・テレフォン Hanging On The Telephone

グーグル欧州幹部、「Google Phone」を認める--スペインで報道

うーん、これは本当だろうか。本当だとしたらちょっと面白いことになるかもね。

この記事をみて思い出すのは当然のごとく「iPhone」です。おそらく「Google Phone
」が世に出たとしてもハード的には「iPhone」には及ばないでしょう。でも要はソフト。Googleの各種サービスとのスムースな連携が図れるとなれば感想はおのずと変わってくるはず。

ジョブスによる「iPhone」のプレゼンテーションは確かに衝撃的だったけど、うかうかしてるとGoogleにお株を奪われちゃうかも。でも「iPhone」の発売未定の日本では関係ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月16日 (金)

イレイザー Eraser

昨日、「パチンコ」について嫌みな記事を書いたら、それに対してあーっと言う間にトラックバックがついてました。

「パチンコ・パチスロ攻略法が無料で!」
「パチンコ攻略!パチンコ必勝法!」

もう嫌になっちゃうよ。
そういうTBはすぐに消します。ぽち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

シリー・ゲーム Silly Game

熊本でテレビ見ていてうんざりするのは「パチンコ屋さん」のCMがあまりにも多いことです。いろんなパチンコ屋さんが品のないCMを垂れ流してます。毎日どこかのお店がサービスデーです。
よその地方でもこんなにパチンコのCM流してるんだろうか。鹿児島にいたときはほとんど見なかったような気もするけど。

自転車通勤で新市街アーケードというところを毎日7時半ごろ通るんですが、パチンコ屋さんが数件軒を連ねているんです。そんな朝早くでもヒトが結構並んでるんですよねぇ。冬の寒い朝もですよ。

みんなどうしてそんなにパチンコ好きなんだろう。時々「何万円も勝った」とか言ってるヒトをみかけるけど、それまでにいったいいくらつぎ込んでるんでしょう。儲かる儲からないとかいう以前にゲームとしてたまんないものがあるんでしょうかね。

私にゃ、よく分からんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

永遠に回り続ける骸骨家族の歌 Chant of the Ever Circling Skeletal Family

David Bowie再入門、なのであります。

B2

紙ジャケCDが発売されたので、LPでだけ持っているものを何枚か購入してみました。今日はその中から「ダイアモンドの犬」についてちょっと書いてみます。

久しぶり聴いた。何年ぶりかな。もしかしたら21世紀になって初めてかも。とても良いね。
私が思うに、このアルバムはBowieの数ある作品中、最も完成度が高いのではないでしょうか。聴きはじめてしまったらつい最後までいってしまいますね。
あらためて聴いてみたらPrinceの「パープルレイン」と似てるように思いました(全体の構成とクレイジーな感じ)。曲調はもちろん全然違うのですが、「This is genocide !」とBowieが叫ぶ導入部といい、要所要所にポップな曲を配してツボを押さえているところなんかも雰囲気が似てるような気がするんですけどね。あとトータルアルバムにありがちな(計算されつくして作られているがゆえの)何となく線の細い感じはやはPrinceの「パレード」に似てるようにも思えました。

「Bowie聴きたいけど、何から聴いたらいいかな」という初心者の人がいたら、私は迷わずこのアルバムを勧めるでしょう(「最新作を勧める」という自分ルールからははずれますが)。常軌を逸した感じをキープしつつも、かなりポップなんですよね。

私がこのアルバムを聴いたのは確か後追いで80年代だったかしら。当時は「かっちょいいな」くらいにしか思ってなかったですが、40台になって改めて聴くとまた違う感慨がありますね。今回、思ったのは「このヒトSFにかぶれすぎじゃないの」っていうことです。ホントすぐ影響されちゃいますね、いろんなものに。90年代の「アウトサイド」は「ツインピークス」の影響ありありだったし(あの続きはどうなったんだ?)、この「すぐかぶれちゃう」ところはこのヒトの持って生まれたものでしょうね。大昔のロッキン・オンにブライアン・フェリーさんへのインタビューで「Bowieはいつもきょろきょろしている」と語っていたのを思い出してしまいました。

あとこの頃の曲の邦題ってなんかとても良いな。「永遠に回り続ける骸骨家族の歌」そのまんまの訳ではありますけど、うーん、最高ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミー・ジャパニーズ・ボーイ Me, Japanese Boy I Love You

今日いつものようにGoogle Docs & Spreadsheetsを開いてみると、あらあら、日本語バージョンにアップデートされているではないですか。
これまでの英語版でも日本語使用に不具合はなかったのですが、やっぱりいいですわ、日本語の方が。

あと今日気付いたんですが、メールで書類をGoogle Docs & Spreadsheetsに送れるんですね。これも何かと重宝しそうな機能です。

よしよしだんだん使いやすくなってきているぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

ゴー・ハード Go Hard

やたらと忙しい3月ではあります。
プレゼンテーションがあと3つもあって、毎週その準備に追われているわけなのです。すべて別々のものなので全部別個に資料を準備しなければなりません。
当然のごとく土曜、日曜もその準備でつぶれてしまいました。
その反動でしょうか、BGMになりそうなCDをついつい買ってしまうのです。

David Bowieの紙ジャケ「Ziggy」「Diamond Dogs」「Station to Station」
Bryan Ferry様の「Dylanesque」
小西さん編集のElvis Presleyコンピ「Readymade Digs ELVIS!」
細野さんbox「Harry Hosono Crown Years 1974-1977」
「ファニア 〜ベスト・オブ・ニューヨーク〜」

ことごとく流して聴いてしまってブログにアップすることもできません。時間ができたらどさっと書きたいとは思ってはいるんですけど....
しばらく更新が滞るだろうなぁ。いかんいかん、準備、準備。それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

マシマロ

あーっ、なんとなくブログ不調の波に入ってしまった。

こういうときは目の前にあるものをネタにしてしまおう。
えーっと「おーいお茶」のペットボトルと一味唐辛子かぁ。うーん厳しい。

そうそうペットボトルって和製英語らしいですね。Wikipediaにも書いてあります。えーっとですね

ペットボトルとは、合成樹脂(プラスチック)の一種であるポリエチレンテレフタラート (PET) を材料として作られている容器。

主に飲料用容器に利用され、それまでガラス瓶や缶などに入れられていた物の一部がペットボトルに置き換えられた。ペットとも呼ばれる。ただし欧米では plastic bottle であり、ペットボトルとは呼ばない。(ペットボトルを構成する素材であるPETについては、そのままピー・イー・ティーと読む事が多い)

ペットボトルとはあくまで容器のみを指し、ペットボトル入りの飲料はペット飲料と呼ぶ。

そういえばペットボトルに水を入れて猫よけにするっていうのもありましたね。今でも庭先で見かけることがありますけど

ペットボトルに水を入れ、玄関先に置いておくと野良猫避けになるとの情報が流通した時期がある。その後、各地でそのような光景がみられるが、これを行ったことにより、ペットボトル中の水が太陽光を収束させ火事になった事故がある。なお、今日ではこれら水入りペットボトルの風説については、消費者団体やテレビ番組上での実地テストにより、効果が全く無い事が知られている。

そりゃそうだよね。

おっ、Mステはじまった。音消してたんで気付かなかったよ。タモリさん、長いよね。この番組のタモリさんってあんまり面白くないけど「タモリ倶楽部」は大好き。つい忘れちゃうけどできるだけ録画予約するようにしてます。この前はくるりの岸田君と京急の特集を2回に分けてやってたけどこれは良かったよね。鉄道関係(私は全く興味ないけど)はいつも面白さのレベル高いです。
私、「マニア」って好きだなぁ。本人が熱く語れば語るほど傍から見るとなんかおかしいと言うかね。でもどこか哀しさが漂ってるんですよね。本人たちも「あぁ、こんなことやってちゃいけないんだよ」と思いながらものめり込まずにはいられない「性」なんでしょうね。
こうやってブログ書いてるのもある意味「マニア」的かもねぇ。別にお金にもならないし。アフィリエイトも考えたけど、なんかつまんなそうだからやめた。というか何千アクセスあるわけじゃないから、ははは。

きょうはこんなところで。あっ一味唐辛子忘れてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

スノードーム Snowdome

木村カエラ嬢のニューアルバム「Scratch」を買いました。

Dscf2319

ダイム誌の評にも書いてあったことなんですが、微妙に「歌謡曲感」あるよね、確かに。前作の「Circle」よりもそれを感じます。
媚を売っていると言いたいわけではないんですよ。狙ったわけでもないでしょう。おそらく提供された楽曲と彼女の持ち味でそうなったんじゃないかな。特にシングルカットされた「Snowdome」はやや歌謡曲寄りではあるんですけどいい感じでウェットなんです。私、小泉今日子さんの「あなたに会えてよかった」を思い出してしまいましたよ(古いね)。

妙なものばっかり持ってる中でこのアルバムを聞くとホッとするなぁ。密かな愛聴盤になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

ヘアー Hair

昨日のプレゼンテーションが終わってほっとするやら、がっかりするやら、です。

ところで福岡からの帰りのJRの中で「週刊文春」読んでいたんですが(おっさんだね、私も)、阿川佐和子さんと秋川雅史さんの対談があったんですね。

秋川雅史さんと言えば「千の風になって」ですが、本人の写真を見ていたら、なんか違和感があるんです。お顔はハンサムで品のある感じなんですがね。
よーく見たら「髪形」なんですよ。真ん中から分けていて両サイドが外にカールしてるんです。うーむ、これは.....「何となくこの髪形にはなっちゃいました」ということはないだろうし。「誰それ風にお願いします」とも言えないしな。「この髪形で行くんだ!」と思ったキモチが知りたいです、ぜひ。強い意志がないとできないよね。

ま、似合ってます....がね。

Dscf2320

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

ショータイム Showtime

明日は福岡でプレゼンテーションしなくてはなりません。気が重いっす。

さらに気を重くするのがWindowsのPowerPointを使わなくてはならないこと。
普段のスライド作りにはMacのKeynoteを使っているんです。このソフトはあんまり話題にも上らないけど大変な優れものなんですよね。使いやすいし、ビルドの動きは滑らかだし。それになんといっても全体に品がよろしい。

MacのKeynoteで作ったスライドをPowerPointに書き出してさらにWindowsのPowerPointで開くと、同じものなのに動きはかくかくするし、レイアウトが微妙にずれちゃうしなぁ。でも何と言っても不満なのが同じフォントなのにWindowsだとなんか汚いこと。なんか悲しくなっちゃうよ。

それにしてもブログなんかのんびり書き込んじゃって、明日のプレゼンテーションの準備は間に合うのか、俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

カム Come

アドビ、「Photoshop」をウェブアプリ化へ--無償版として提供予定

これは面白いことになってきたね。
今、私自身、Googleに仕事のかなりの部分を頼っている状況です、すでに。
Gmail、Google Calendar、Google Docs and Spreadsheets、Picasa
だんだんこれらのアプリ無しには生活できなくなってます。

そこにPhotoshopのウェブアプリ化かぁ。Picasaよりも良いかも。Picasaはもう容量いっぱい(無償で250MB)だから、Photoshopはもっと容量あれば言うこと無しなんだけどね。

でもこのウェブアプリの展開をみるとAppleはちょっと乗り遅れてるかな。iDiskといういいもの持ってるんだけどね。ちょっと使い勝手が悪いんだよなぁ。

「Google Apps」有料版、日本では1アカウント年額6,300円

それから今この話にすごく惹かれてます。これって完全にMicrosoft Officeキラーでしょ?Microsoft Officeは今は一応は持っておきたいけど今後はどうかわかんないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリング・ソング Spring Song

九州は熊本、午前7時半、晴天。

空気はまだ少し冷たいけど、空気は春。
もう春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »