« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

トラウマ Trauma

連休ですね。今日は何かと話題の「バベル」を観てきました。

Babel_rinko_1024x768

大きなショッピングモールの中にあるシネコンプレックスで観たのですが、ショッピングモール内は人でいっぱい。さすがに連休です。子供の大量発生でした。

映画館も盛況でチケット買うのにこんなに並んだのははじめてでした。「ゲゲゲの鬼太郎」目当てなのかな。「バベル」もほぼ満員でしたね。

映画はどうだったかというと、よくできていて面白くはあるんですけどみていて「つらい」作品でした。エンターテインメント性はうすくて堂々たる「映像作品」でしょうか。キーワードは「ディスコミュニケーション」

「ディスコミュニケーション」を主題にしたいくつかのストーリーが同時進行していきます。それぞれが「痛い」ストーリーで観客は常に緊張を強いられます。ホント観ててつらいんですよね。そして出演者の誰にも感情移入しにくいんです。

その中でやはり印象的なのはアカデミーノミネートの菊池凛子さん主人公のストーリーでした。菊池さんももちろん素晴らしかったのですけど監督の演出が冴えていました。菊池さんは聾唖者を演じているのですが「音の無い世界」を実に巧みに、そしていかに厳しい世界であるのかを表現しています。無機質なサウンドが鳴り響くクラブの中で若い人たちが踊り狂っているのですが、音の聞こえない彼女にとっては「異様な空間」としか映らないわけです。このシーンでは突然音がすべて消えて、彼女にどう見えるのかを表現しているのですが、この映画では最も印象的だったと言えるでしょう(素晴らしい演出!)。その表現者が日本人であるのはやはり誇ってよいのではないでしょうか。

映画は淡々と進み、淡々と終わっていくのですけど、最後には「もしかしたらヒトは通じ合える(かもしれない)」というメッセージが控えめに差し出されてエンドタイトルが流れていきます。

連休にエンターテインメントを求めて観る映画としてはちょっとふさわしくないかもしれませんが、「連休なんか知るか!」という殺伐とした気分の方にはちょっとお勧めしたいかも。一見の価値あり、です。

*追記
「バベル」を観て気分悪くなる人が結構いるそうですね。さっきニュースでやってました。映画の一番のみどころのひとつであるクラブのシーンらしいです。私も実は映画の後、胃の辺りがむかむかしてしまって帰って横になっちゃいました。お昼ご飯の食べ過ぎが原因かもしれませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

キング・オブ・ソロウ King Of Sorrow

よく言われることではありますが
「何もしないで後悔するより、行動を起こして後悔する方がよい」
のでしょうね、実際。

ほんの些細なことに気をとられている今の私。ちょっとくよくよし始めたら過去のいろいろなちょっとしたしくじりまで思い出されてしまいます。世の中は連休というのにちょっとブルーなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

エンジョイ Enjoy

えっ、ビョークからメール?と思ったらダイレクトメールでした。ははは。

Photo_8

おっ、iTSでvideo clipも公開とな。もちろんポチっと。詳細は明日!それじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

モダン・シングス The Modern Things

ミュージックマガジンの今月号はビョーク特集!
即ゲット〜即熟読のコースでした。

肝心の「ヴォルタ」情報がほとんど無いので「ちょっと中途半端じゃないの?」という印象は否めませんが、まぁその心意気はよし。
アイスランドという故郷とのつながりは結構面白かったっす。

あとがきに「我々はビョークの外見にだまされているのかも...」みたいなことが書いてありましたが確かにそうかもね。
彼女のパフォーマンスを見ると「天然」とか「素朴」とかのキーワードが思い浮かびますが、アルバムの緻密なことといったら。
先行発売の「Earth Intruders」もティンバランドのトラックを彼女が最終的に仕上げたらしいし、テクノロジーを自在に操れないとあんな音は作れませんね。彼女の「アーティスト」的な側面はよく語られますが、音作りに関しては案外「職人」的なのかもしれないなぁ。ますますニューアルバムが楽しみになってきた。

しかしミュージックマガジンよ、この表紙はなんですか。山田花子かと思ったぞ。

Dscf2385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

ワールド・ワイド・ウーマン World Wide Woman

”3か月間限定””DVD付き”に抗えず、ビヨンセの「B'Day Deluxe Edition」をたまらず購入。正規盤の「B'Day」はもちろん持っているんですけどね。

やっぱりあのコンサートなんですよ。あれを見てからというものビヨンセ様が頭から離れません(ビョーク、ごめん)。

CDは正規盤に追加が7曲くらいありまして曲順も大きく変わっています。「正規盤 の後ろにボーナストラックをくっつけて...」というものとは大きく違って、「B'Day」のバージョンアップと捉えるべきものでしょう。こちらの感想はいずれ書くとして今日はやっぱりDVDです。

これは「B'Day」収録曲のミュージックヴィデオ集なのですがとても良いです。いわゆる「釘付け」状態。ご本人の美しさにはため息が出るほど。ダンスもすごいよ。あんなヒール履いてよく踊れるよね(私が一緒に住んでるヒトはヒール履くと歩けないのに)。

Dscf2383

好きだったのはやっぱり「Get Me Bodied」。Extended Versionなのが嬉しいね。曲は超かっこいいけど、ヴィデオはチャーミング。
あと「Deja Vu」はすごい迫力でねー、土煙上げて激しく踊るのにはちょっとびっくりですよ(ちょっと苦笑)。

でも全体的に見ると、このクラスのアーティストとしたら低予算なのでは?とちょっと疑問が残ります。安っぽいわけではないけどロケにお金はかかってなさそうだし(「Deja Vu」は別ですが)、CGも豪華セットもなし。ビヨンセ様の衣装にほとんどつぎ込まれた印象があるのですけどね。

ただ本人が光り輝いているからそんなのはほんの些細なこと。「今が旬」とはまさに今のビヨンセ様。聴くなら今のうちですよー、みなさーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ハンギング・オン・トゥ・ア・メモリー Hanging On To A Memory

もうすぐ連休ですが、どう過ごせばいいのかなぁ。

今年は祭日、日曜は普通に休めそうなんですが、計画が立ちません。毎年どうしてただろう?連休の思い出というものが浮かんできません(忘れてるだけ?)。

「何にもしない」「どこにも行かない」という方法もあるのでしょうが、「もったいない」「せっかくだから」というビンボくさい思いがよぎってしまいます。

「あの年のゴールデンウィークは楽しかったよね!」なんていうことが理想なんだけど....思い出に残ることをしたいよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ナショナル National

性懲りもなく土日は福岡で研修だったのですが、なかなか考えさせられることがありました。

まぁ、いわゆる専門分野の濃い内容です。世間一般から見たらなんのことやらさっぱり分からないような事柄です。でもその道を極めていくと「社会」と対峙しなければならない状況が出てきてしまう、というものでした(私はそう解釈しました)。

つまり私が専門性を生かして毎日行っていることは(本人は意識しなくても)社会的な行為であるということです。
仕事を行う上で裁量権というものがある程度はあるのですが、その範囲内で「より良い行い」をすればもしかしたら社会全体が「より良い方向」へ向かうかもしれない、と思いました(もちろん微々たるものでしょうが)。ただ収益はあまり上がらない方向ではありますが....

「お金はある程度は欲しい」でも「社会をより良くしたい」。難しい問題ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

アース・イントゥルーダーズ Earth Intruders

私としたことがビョークのシングル配信を見逃していたとは!!!
もちろん即ゲットですよ。

Earth_intruders

曲は「Earth Intruders」ティンバランドとの共作らしいです。
イントロからエスニックなドラムで意表をつかれました。そこに弾けるようなビョークのヴォーカルが絡んできてこりゃ楽しい!こんなに楽しそうなビョークの声はすごく久しぶりに聴くような気がするな。先行シングル曲としての「つかみはオッケー」です。

ロッキンオンでのインタビューでは

私がこのアルバムを作り始めた時、一番大事だったことは、とにかく情熱的なアルバムを作るってこと。シリアスじゃなくて、楽しくて、熱いアルバムにしたかったの。だって、シリアスな音楽を作るのにはもう疲れちゃったから!(笑)

Dscf2340

だそうです。前作の「拘束のドローイング9」はちょっとちょっとご主人(ハンサム)寄りで難解だったからね〜。ま、私は大好きだったけどさ。
でも、ビョークが「こっち側」に帰ってきてくれて素直に喜ぶべきでしょう。

それにしてもなんなんでしょうか、このビョークの異様な姿は。ミュージックビデオ用でしょうかね。こちらも楽しみなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

ビヨンセ・インタールード Beyonce Interlude

出張で大阪なんですけど、夜ちょっとお出かけ。

いや、ビヨンセ様のコンサート行ったんですよ。へへへ。
チケット無いままとぼとぼと大坂城ホールへ歩いていると。おじさんがすたすた寄ってきて「チケット無いの?」私が「なんとか手に入らないかな」と訊ねると「1人かいな、言い席あるよ、こっち来な」って階段の横の陰に連れていかれてチケット握らされました。で結局9千円の席を1万円で購入。「これ本物?」と聞いたら「間違いないよ」とは言われましたが、入場するまでは正直不安でした。
でもなんのことはなく入場できましたよ。おじさんありがとね。

Dscf2349

客席はばっちり決めた20代くらいのおんなのこ多し。7割、8割はおんなのこじゃなかったのかな。私が座った席の周りはおんなのこばっかりで「なんやこのおっさん」みたいな目で見られてしまいました。コンサート中に「びよんせ〜」という声援を送ってました。
ビヨンセ様と大阪。ちょっと派手な土地柄によく合っていましたね。

それでコンサートですが、「出し惜しみ無し」「お買い得」「元を取った」という感じでしょうか。良かったっすよ。
まぁ、踊る踊る踊る。歌う歌う歌う。
イナバウアーもさらりと決めちゃう。からだはしなやかでマドンナみたいにマッチョじゃなかったです。
歌はかなりうまいなぁ、やっぱり。バックコーラスが大半を歌って自分がさびを決めるものも多かったけど(コーラスが歌ってる間はビヨンセ様は踊りに専念)あんまり気にならない。
大きなスクリーンもあってビヨンセの表情までよく見えたけど、表情にも手抜き無し、でした。

バンドは全部女性。ツインドラム(!)にパーカッション1人。麗し系の女性ダンサー多数の舞い踊り。ビヨンセ様の衣装変え多数。それも日本人は着てはいけない衣装ばっかり(露出ドーン。さもなくば、からだにぴった〜)。目の保養だわ。目が喜んでるわ。

は〜、ありがたや、ありがたや。生きてて良かったよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月10日 (火)

フリー Free

もうすぐ大阪に出発しなきゃならないのに、これを発見。つい読んじまったぜ。

「EMIは打つ手がなかった」——DRMフリー化と「CCCD」という無駄 そして日本は

音楽配信メモの津田大介さんのガッツの入った記事です。必読!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リゼントメント Resentment

今日から2泊で大阪出張です。だいたいここらで3月から続いていたタイトなスケジュールからちょっぴり開放されます。こんなに毎週プレゼンテーションが続くなんてプレッシャーだったなぁ。でもなんとかやってこれるもんだわ。

明日、11日は大坂城ホールでビヨンセのコンサートがあることに最近気付きました。当然チケットはなくなってるし、オークションもなんとなく恐いし、はー、残念。

ダフ屋さんからチケット買ったことってないのですが、あれってどうなんだろう。行きてーなー、ビヨンセ。何となくあきらめきれないワタクシではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

ロッキーに学べ! Lessons Learned From Rocky I To Rocky III

ロッキーって映画あるじゃないですか。今度最後の続編が公開されるらしいですけど(ホントに?)テレビCMがよく流されてますね。

あれ見ると「あーぁ」と思うんですが、あのテーマソングが流れるとなんか抗えないものがありますね。音楽聞くだけでなんだかじーんとしちゃうんですよね。「しっかりしろ、俺」とか思って我に返るんですが、あのテーマソングにやられてふらふらと映画見に行っちゃう人案外多いんじゃないでしょうか。ロッキーっていう映画がここまで続けられた要因の一つにあのテーマソングがあるんじゃないでしょうかね。

こんなふうに感じるのは私だけ?1stロッキーを中学の時にリアルタイムで見て感動したからかなぁ(3作目までは見たんだっけ)。

ちなみに今日のタイトルはCornershopの「Handcream For A New Generation」から。最近Cornershopどうしてるのかな。面白いバンドなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒア・イット・カムズ・アゲイン Here It Comes Again

Tracey Thornのニューアルバム「Out Of The Woods」がとても良い。今年のベスト候補の登場です。

Dscf2336

1曲目はアコースティックに柔らかくはじまりますが、後に続く大半の曲はエレクトロニカの意匠を施してあります。そのエレクトロニカも変幻自在。80年代のエレポップ風(Yazooっぽいんだな)、から低音がずんずん響くフロア向けまで多彩です。
EBTGのエレクトロニカ路線はBen Wattのディレクションではなくてふたりで考えた末のことだったんだなとよく判りますね。

ボーカルスタイルにもちょっとびっくりしました。確かに「うまい」とは言えないかもしれませんが、いろんな歌い方してるんですよね。それぞれの曲の声に違った味わいがあってシンガーとしても成熟してます。

ジャケも素敵。自分の小さなお部屋ついに大公開!といった趣です(暖炉の上に飾ってある絵は誰が描いたものなんだろ)。

”アコースティック”でないことに異議を唱える人もいるかもしれませんが、これが成熟というものでしょう。Marine Girlsでデビューしてもう20年は経ちますよね(調べてみたら1962年生まれで私とほぼ同年代だった)。変化して当然、というか、ここまで表現の幅を広げてきたことにある種感慨を覚えます。デビューの頃は”声”とギターしかなかったんだもんね。

聴けば聴くほど、「表現力」を持った女性ってすてきだな、って思うな。女性アーティストにとって年齢と言う壁は想像以上に大きいと思いますが、飄々とこんな素晴らしいアルバムを作っちゃうなんて(苦労がにじみ出ないヒトなのかな)。このくらいの年齢になると(失礼)、へんに渋いアルバムになっちゃいそうなもんだけど、ホント軽やか。そう軽やかなんですよ。キモチは若いままで、自己表現の手段まで手に入れちゃったらそりゃすごいかも。このアルバムが軽やかなのはそのせいかなぁ。

「遠い渚」から歩き始めて、「おんなのこ以外なら何でも」置いてる小さなお店がある森を抜けて外の世界へ。これからも彼女から目が離せないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

アイ・ミス・ユー I Miss You

いよいよBjorkのニューアルバムの発売が迫ってきましたね。
日本盤は5月2日!もう1か月切ってるよ。ロッキンオンにインタビュー載ってるし、だんだん盛り上がってきました。

Dscf2339

ティンバランド(?どして?)、アントニー(アンド・ザ・ジョンソンズ)なんかが参加してるらしいですがどんな仕上がりなんでしょ。はやく聴きたいよー。

Volta_packshot

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 5日 (木)

難儀 Troubled

Google DesktopのMac版(ただしβ版で英語版)がようやく発表されたんでインストールしてみたんですわ。そうしたらとんでもないことが!

インストールすると、せっせと検索用のindexを作り始めたんですね。「おー、よしよし」としばらく眺めていたんですが結構時間かかりそうなので、ちょっとパソコン仕事をしようとファイルを開いてみようとしたんですがとにかく動きが遅いんです。
検索用のindexを作ってるからかなとも思ったんですが、やっぱり動作が遅すぎるのでフォルダの下に現れるHDの空き容量をちらっと見てみたら!!!!え〜っ、空き容量が0じゃないの!もともと空き容量1GBくらいしかなかったけど0はないでしょ〜。

indexのファイルサイズが大きすぎるんだよ、きっと。あわててアンインストールして再起動すると空き容量1GBに戻ってました。はーっ、びっくりしたよ。

でも使いやすそうだなGoogle Desktop。使ってみたいなぁ。HDを大きいのに換えないとダメか。ちょっとがっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

運命のひとひねり Simple Twist Of Fate

アップ遅くなりましたが、今日はフェリーさんで。

まずはアルバムタイトルが素晴らしいですな。「Dylanesque」
このタイトルを思いついたことが、アルバムを作るきっかけになったんじゃないかと思ったくらいです。

Dscf2330

アルバム1曲目はちょっとがさついたフェリーさんのボーカルで「あれれ」ですが、アルバム全体に勢いがあって、前作の「Frantic」には欠けていた統一感がありますね。ミュージックマガジンの評には短期間で制作したという情報もあったし、結構「ざっくり作りました」的なものかも。

とはいえ、なめらかさも当然維持していますから、聴いていてやっぱり気持ちいいです。フェリーさん聴くといつも思うのは「俺もオトナになったな」ですね(オトナだけど)。いつもこんなポーズでこのアルバム聴いてますよ(ウソ)。

だけど、イーノ先生とフェリーさんの二人がディランのカバーアルバム作るなんてねぇ。ホント「時代は変わる」もんだ。

Dscf2331

 

じゃぁ、ディランのカバーとしてはどうかと言われたら、私にはちょっとお手上げ。あんまり知らんもんね。でもみんなディランのこと誉めるよな。いいんだろうね、ディランって。一度挫折しましたが、このフェリーさんのアルバム聴いて、ついこれを買ってしまいましたよ。ちょっとお勉強してみよう。

Dscf2335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライト・ザ・ロング Right The Wrong

昨日の記事の訂正を。

私、DRMフリーでアルバムの値段が上がるんじゃないか、と書きましたけど、上がんないみたいです

うん、これは良いなぁ。でもiPodの容量がいくらあっても足りなくなるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

フリー・アット・ラスト Free At Last

久しぶりの更新です。1週間も空いてしまいました。

これは業界を揺るがす大ニュースです。

EMIが英断!iTunes StoreでEMIのすべての楽曲を5月からDRMフリーで販売

この前Jobsがコメントを発表したばっかりだったので、すごく唐突で「早いな」という印象です。
音質も向上してDRMフリーというのはEMIにとってはジレンマがあったろうなとは思いますが、これまで良い印象を持っていなかった会社なので、ちょっと見直しました。

ただ、問題は値段なんだよね。1曲0.99ドルからちょっと上がって1.29ドル。音質も上がってDRMフリーだから「まぁそんなもんか」ではありますが、アルバム単位だと日本円で1500円だったのが1900円から2000円くらいになるんでしょうか。うーん、これなら輸入盤を買うのとあんまり変わらないなぁ。ただ、これまでのDRM付きも平行して発売するそうなので新人さんの試し買いにはそっちでいくかも。「Fair Play」というDRMが気になったことってほとんど無いからねぇ。

そういやぁ世間に出回ってるCCCDはどうなるの?これは「珍盤」としてコレクターズアイテムになっていくのでしょうかね(セキュアCDというものもありましたね)。消費者をばかにした金字塔として末長く語られてほしいものです(っていうか、もう世間から相手にもされず、忘れられてますか)。

でも大英断であることは確かでしょう。他のレコード会社はどう動くでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »