« ヴォルタ Volta | トップページ | ビョーク・ポッドキャスト Bjork Podcast #1, 2, 3, 4, 5 »

2007年5月 8日 (火)

いつか王子様が Someday My Prince Will Come

いやいや連休終わりましたね。

連休後半は2泊3日であちこち回りました。今回の成果の一つは蜷川幸雄の「恋の骨折り損」鑑賞です。北九州芸術劇場です。

Dscf2525

シェイクスピアですよ、ニナガワですよ。自分でも以外なほど面白かったなぁ。
出演はオールメール(出演者はすべて男性です)だったせいか、客席は8〜9割は女子の方々でした。カーテンコールの時は観客のヒト(もちろん女子)が興奮して前に出ていって係員のヒトに止められてましたよ。
芝居は喜劇です。お姫さまにふんする男優さんはみんなハンサムぞろいですから、女装だけで笑いをとるのとは訳が違います。脚本、脚色、そしてもちろん演出がよかったんだろうな、と思います。

北村一輝さんが主演だったんですがかっこよかったですよ。そしておかしかった。私のこれまでの印象ではどうも「ホストっぽい」とか「やくざっぽい」イメージしかなかったのですが(だってそういうカッコさせるとすごくよく似合うからなぁ)ちょっと考えを改めました。お姫さまお付のロザライン役内田滋さんも熱演でした。とか書きはじめるとキリがないくらいどの役者さんも芸達者でとてもよくできた芝居だったです。

上演時間は休憩も含めると3時間ちょっとくらいだったのですが全くだれることなく最後まで楽しみました。やっぱりたまにはお芝居も良いものです。

公演プログラムから「いいオトコさん、いらっしゃ〜い」の図。女子がうるさいわけだ。

Dscf2527

Dscf2528

|

« ヴォルタ Volta | トップページ | ビョーク・ポッドキャスト Bjork Podcast #1, 2, 3, 4, 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/14983530

この記事へのトラックバック一覧です: いつか王子様が Someday My Prince Will Come:

« ヴォルタ Volta | トップページ | ビョーク・ポッドキャスト Bjork Podcast #1, 2, 3, 4, 5 »