« スーパースター Superstar | トップページ | チャーム Charm »

2007年5月25日 (金)

シークレット・ワールド Secret World

この前の日曜日はレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」を鑑賞したわけですが、午後からはお台場まで足を伸ばしてグレゴリー・コルベールの「Ashes and Snow」を観てきました。

グレゴリー・コルベールというヒトは写真家の範疇に入るのかな?見たことのないような風景を写真で表現するようなアーティストです。

こんな写真とか....

Go_425_02

Go_425_01

とかですね。

Dscf2550

既存の美術館を使うのではなくて、お台場にコンテナを積み上げて作った(この展示のためだけ)美術館で公開されています。ノマディック美術館というのだそうですが結構巨大な建物なんですよね。

会場では巨大な写真の展示されてました。うーん、不思議で美しい世界。合成などは全くされてないそうです。つい引き込まれてしまいます。
写真と同時にフィルムも公開されていたのですけど、これを見るとちょっと写真の印象が変わってしまいました。フィルムそのものはとっても良くできていて写真では伝えきれない「空間」までもがよく見ることができたのですけど、なんか演出が堂には入りすぎていて(あまりにもでき過ぎていて)、「商品」という感じがしてしまったのですね。言い方を変えると「ハリウッド的」とでもいうか....そう感じたヒトは少ないかもしれませんが私はちょっと違和感を覚えてしまいました。

これだけの作品を創り上げるためには、おそらく個人の力ではむずかしいだろうなぁ。グレゴリー・コルベールが指揮をとったにしろ、いろんなスタッフが必要でしょう。ましてやかなりの資本力がないと無理じゃないかしら。と思ったら「ロレックス」がスポンサーについているようです。

とは言うものの、この世界観、ワタクシ嫌いじゃありません。実は今回の展覧会の数カ月前に写真集はゲットしておいたのでした。結構お高く、1万円以上しましたが、とっても凝ったつくりの写真集なんですわ。時々眺めては「にやり」としています。

Dscf2556

Dscf2557

こんな写真が合成じゃないんだからなぁ、すごいよなぁ。

|

« スーパースター Superstar | トップページ | チャーム Charm »

コメント

コンニチハ。
グレゴリー・コルベールという人は初めて知りましたが、凄い写真ですね。

プロとアマのカメラマンの違いは、写真の腕とかじゃなくて、そうゆう「場面」に遭遇したり、作り出したりする事が出来るかどうかって事かなーと。

投稿: katt.jp | 2007年5月29日 (火) 12時54分

こんにちは、katt.jpさん。

確かに凄いんですよ。

プロの資質としてご指摘のようにそのような「場面」を吸い寄せるようなオーラみたいなものが必要なんでしょうね。
ただこのヒトの写真は「写真」というより「アート」として捉えられるような「総合芸術」っぽいんですよ。ちょっと演出が過剰のような気がしなくもないのです。

投稿: るき | 2007年5月30日 (水) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/15186511

この記事へのトラックバック一覧です: シークレット・ワールド Secret World:

» ロレックス といえば [ロレックス?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 12時55分

» ロレックスのエクスプローラが格安で買えるショップを調べました! [ロレックスのエクスプローラが格安で]
ロレックスは追随を許さないデザインの点で私を虜にしています。時代を選ばないデザインの上に様々なカラー・サイズの種類が魅力です。流行のことも考えているロレックスのアイテムは、身に付けやすいと思います。それに、めずらしい商品もロレックスには並んでいることも嬉しいですね。エクスプローラって色んなものの中でもかなりの要チェックなアイテムです。エクスプローラの製品は生産数が少ないことが多く、ユーザーの占有感が生まれやすくなっています。しているだけで目立ってしまうから、頻繁に入手先を尋ねられたりします...... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 13時20分

« スーパースター Superstar | トップページ | チャーム Charm »