« 眠そうな二人 Two Sleepy People | トップページ | オーケイ Okay »

2007年7月 4日 (水)

サバイバリズム Survivalism

今年も半分が終了ですね。いろいろな今年前半の積み残しを少しずつ書いていきます。

今日はNine Inch Nailsの「Year Zero」。

Dscf2387

どうも私は悪い先入観で、Nine Inch Nailsならびにトレント・レズナーで連想するのが
「黒」「夜」「闇」「悪」
というネガティブなイメージばっかりなんです(マリリン・マンソンをしもべにした悪の総統みたいな感じ)。

はじめてNine Inch Nailsを聴いたのが前作の「With Teeth」だったのですが、聴いてみると思ったよりもまっとうというか、なかなかかっこいいロックではないですか。特にこのアルバムの「The Hand That Feed」はiTSでミュージックヴィデオを買ってしまうほど気に入ったのでした

それでiTSのsaleの時に「The Downward Spiral」を買ったのですが、これは恐くてちょっとダメでしたね。ちゃらちゃらちゃら....と小さい音からいきなりどーんと大音量。もうなんかつらかったです。でもこれが最高作らしいので世の中の評価はわからんものです(と言うか、自分に合わなかっただけか)。

まぁ、それで今作なのですが、良いですよ、これは。だってかっこいいです。特にアルバム後半は硬軟取り混ぜぐいぐい来ますね。以前のハードでひりひりした感じが好きだった人には物足りないかもしれないですけど私にはこの位のハードさ具合がちょうどいいな。

あと今回は(いつもそうなの?)歌詞が政治的な内容らしいですが、輸入盤でゲットした私にはよくわかりませんでした。よくわからないのにアレですけど、アルバムジャケットからするとリーダー無能によるアメリカ版「格差社会」みたいのものでしょうか?

Dscf2388

Dscf2389

skysongさんのブログによると

Year Zeroの怒りの対象は、一連の歌詞からも一目瞭然なように、白い家の楕円形の部屋で執務する、イニシャルGの人物(G.B.ね)。ここ数年、その人物を批判する曲やアルバムは色々あったと思うのですが、アルバム全体を通してストーリー性が感じられる点、歌詞だけでなく音像そのものが強烈に主張している点で出色ではないでしょうか。

とありますから、歌詞が分かれば魅力倍増ですね(日本盤には歌詞カード付いてるのかな)。

それとですね、私と同居の方(女性)がトレント・レズナーに惚れちゃったみたいでね。NINの1stからアルバム全部買ってきてしまいましたよ。あとこの前の来日公演(大阪)まで出かけてましたよ。トレント様ったら女子にもてもて。ふーっ。

 

|

« 眠そうな二人 Two Sleepy People | トップページ | オーケイ Okay »

コメント

トラックバックありがとうございます♪

私はiTSで購入したので、「CDのアートワーク、こうなってたんだ!」と新鮮な気持ちでお写真拝見しました。

ハードな要素やエレクトロニカ(というより「テクノ」という言葉が似合う感じ)っぽいテイストが上手くブレンドされて、ほんとカッコいいアルバムですよね。

同居の方、惚れちゃいましたか~(笑)
私は、現在のマッチョ・トレントには若干引いてしまいますが(苦笑)、青白い王子だった頃はハートマーク飛びましたねw。あの目で見られちゃ(見られてないけど)たまらないでしょ。

投稿: skysong | 2007年7月 5日 (木) 07時02分

こんにちは、skysongさん。

女子にはそんな風に映るんですかねー。うちなんかハート飛んでますよ。
まぁ、そのへんは私にはよく分かりませんが、今度来日したら私も連れて行ってもらいたいです(コンサートは男子向き?)。

投稿: るき | 2007年7月 5日 (木) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/15650176

この記事へのトラックバック一覧です: サバイバリズム Survivalism:

« 眠そうな二人 Two Sleepy People | トップページ | オーケイ Okay »