« アナーキー・イン・ザ・ムジーク Anarchy In The Musik | トップページ | アライズ Arise »

2007年8月 6日 (月)

レンヴェーク・ワルツ RENNWEG WALTZ

くるりのコンサート評を書いて、新譜のレコード評を書いていませんでした。ということで「ワルツを踊れ」。

Dscf2680

このアルバム、これまでになくロック色の薄い作品になりました。この作品を聴くと私はR.E.Mのことを思い出してしまいます。作風は全く違いますけどね。
R.E.Mは初期の傑作「Life's Rich Pagent」「Document」を次々に発表した後、それまでとは違って「Green」「Out Of Time」などの穏やかな作品群を発表し始めます。そのピークが「Automatic For The People」でした(欧米では好評だったようですが、日本ではその頃から人気に陰りが出たような気がしてますが実際はどうなんでしょうか)。

くるりの新譜はオーケストラとの共演、これまでにないようなミディアム系の曲(だけど名曲多し)で、古くからのファンは対応に困るかもしれませんね。私は割と好意的に聴いてますが、同居の人は戸惑ってるようです。

次のアルバムが真価が問われるものになるでしょうね。

*追記
昨日のコンサート評で書き忘れたことを少し。
今回のコンサートは「岸田君とそのバックバンド」みたいな感じが強くなっていたのが少し気になりました。

|

« アナーキー・イン・ザ・ムジーク Anarchy In The Musik | トップページ | アライズ Arise »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/16022317

この記事へのトラックバック一覧です: レンヴェーク・ワルツ RENNWEG WALTZ:

« アナーキー・イン・ザ・ムジーク Anarchy In The Musik | トップページ | アライズ Arise »