« レスキュー Rescue | トップページ | トゥー・ハード Too Hard »

2007年8月17日 (金)

ザ・ワン・ユー・ワナ・シー The One U Wanna C

プリンスの新譜も発売です。「Planet Earth」

今回のアルバム発売に先立ってはいろいろな雑音が聞こえてきましたが(プリンス、発売前のCDを新聞付録に 音楽小売業界「侮辱だ」)、音そのものはとても良質で、前作の「3121」の延長線上といって良いでしょう。

それはそうと、CDを新聞の付録に付けてしまっちゃった理由が私はなんだかよく分からなかったのですが、音楽配信メモさんに真相(だろうと思います。プリンス本人が真相を語るまでは結局は判りませんが)が書かれています。これは「なるほど」ですね。是非読んでほしい記事です。

昔からこの人は改名騒ぎとか、レコード会社をめちゃめちゃ非難したりとか(お顔に”slave”とペイントしてゲリラライブとかしていたんではなかったかしら)、いろいろ逸話の多い人でしたが、このブログを読むと、あれは一本筋が通っていた出来事だったように思えてきます。騒動を起こした当時のマスコミの論調は「あの人は変わり者だから」であっさり片づけられていた覚えがありますけどね。

音楽配信メモさんの印象的な言葉を引用です。

状況は混沌としているが、間違いなく言えることは「音楽ビジネス=CDビジネス」という時代が終わったということだ。プリンスの今回の「行動」と「成功」 は、1つの時代の終わりを告げる象徴的な出来事であり、今後音楽業界がどこに向かうのか示す1つのメルクマールとして多くの人に記憶されるのではないだろ うか。

あれ、レコード評書いてなかったよ。

|

« レスキュー Rescue | トップページ | トゥー・ハード Too Hard »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109279/16130830

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ワン・ユー・ワナ・シー The One U Wanna C:

« レスキュー Rescue | トップページ | トゥー・ハード Too Hard »